完全版水木しげる伝(上) (講談社漫画文庫)

著者 :
  • 講談社
4.01
  • (33)
  • (28)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 233
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063608366

作品紹介・あらすじ

巨人・水木しげるが描く完全版自伝コミック、ついに待望の文庫化!!多感な少年時代から、軍隊生活までを赤裸々に綴った戦前編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「僕の一生はゲゲゲの楽園だ」の文庫化。
    (上)戦前編
    水木しげる写真館1歳から18歳、大変愛らしい。巻末には対談「幸福論1」
    装丁裏側に「毎日がつまらんと思う人は、この本を読むといいですよ。きっとフハッと驚いて、生きる意欲が湧いてきます。」という文に自著サインが添えられてます。いやほんとに、今まで水木先生の作品を読んでいるので驚きはしませんが、何度読んでもフハッとなりますし、生きる意欲も湧きますんです。生後1年目、関東大震災、のんのんばあエピソードからガスパンまで、あちこちで出てくるエピソードがきっちりした時間軸で纏まっていて良い。生きる事は大変だけど、ややこしことではないと、シンプルに考えられる1冊。

  • 境港、調布と偶然水木しげるのゆかりの地を回ったあとに読んだ為、点が線になり大変面白かった。色々な名言を残されているが、才能があるとはいえ漫画家として開花して本当にラッキーな人物だと思う。

  • あらゆる記憶が時代の空気を携え読み手に迫る。これぞ戦前~戦中の醍醐味って感じですね。それに、当の本人が驚くほど学校に興味なく、仕事も続かない……これが現代だと、ひきこもりや自殺にもつながりかねないでしょう。これについては経済が豊かになったことを上げる人もいて、確かにその一面はあるにしても、全てではないことを本書が示してる気がしますね。そんな観点からも興味深い戦前編。(中)だけ手元にないもんでして。

  • いやー、誰か人物が走る絵は何度見ても面白い。

  • 読了。

  • 戦前から戦後へ。まさに自伝。天才って変ってる、でも素敵。
    戦時中が、今まで読んできたどの漫画よりもリアルな気がしました。

  • 2

  • 水木しげるの自伝漫画。ご両親のこと〜誕生〜南方出征直後まで収録。

    いかに御大が風変わりな子供だったかがわかり、面白い。就職後の様子は、いまだからこそ笑い話でしょうが、さぞや周囲は心配しただろうなと思う。

  • 水木しげる氏の半生が、自伝的に描かれている。
    平和だった昭和の時代、そして第2次世界大戦、終戦、敗戦後の日本と、激動の時代がありありと描き出されている。
    忘れてはならない大切なこと、ここには生きた昭和史が詰め込まれている。

  • とことんマイペースな水木先生。しかしなんでこんなに鮮明な記憶を持っているのだろう。

    歴史の勉強にもなります。

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

水木しげる(みずき しげる)
1922年3月8日 - 2015年11月30日
大阪で生まれ、鳥取県境港市で育つ。従軍経験で左腕を失いながらも生還。終戦後より紙芝居、貸本漫画などを執筆。1964年に『ガロ』にて商業誌デビュー。2007年、『のんのんばあとオレ』によりフランス・アングレーム国際漫画祭で日本人初の最優秀作品賞を受賞。2010年、文化功労者に選出される。代表作に『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』『劇画ヒットラー』『総員玉砕せよ!』『のんのんばあとオレ』『日本妖怪大全』など。

水木しげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吾妻 ひでお
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×