シガテラ(2) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.42
  • (25)
  • (24)
  • (114)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 415
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063612264

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 南雲さん 良い子だねー。
    っていうか、この学校生活は最悪だね・・・・
    南雲さんが居なかったら… 救わられないよ…
    2巻も面白かった、3巻も気になるので 近々買おう―っと。

  • 古谷実はギャグ漫画よりこう言う屈折した話しの方が面白い

  • 読みかけ

  • 2004年のNo1漫画
    青春と毒
    心えぐる作品

  • 僕は、古谷実作品の中でも『シガテラ』は最高傑作だと思っているのです。古谷作品の要「非日常」(=毒「シガテラ」)を要所要所に盛り込みつつも、やはり本当の見せ場は思春期のオギぼーの心の葛藤に対する描写、つまらない奴になったと振り返りつつも見られる確実な成長です。

    何だか巣立つ雛を見守るような心境で読み進めることができるような作品。そんな読みかたをした場合、ラストのオギぼーの台詞「やるじゃないか荻野優介、思いのほか立派になったじゃないか」に泣かされます。

  • 南雲さんと付きあいたい。

全9件中 1 - 9件を表示

古谷実の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×