わにとかげぎす(1) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (49)
  • (69)
  • (189)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 619
レビュー : 58
  • Amazon.co.jp ・マンガ (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063614794

作品紹介・あらすじ

富岡ゆうじ、32歳、独身、職業は深夜の警備員。
つい先週、人生に遭難していることに気がついた。
これはどうにかしなきゃいけない。
タダだからって筋トレばかりしてる場合じゃない。
孤独は罪だ。その罪は償う気持ちはある。
だから‥‥、『友達をください!』
と、流れ星にお願いした夜、手元に届いた一通の呪いの手紙。
犯人は誰ですか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 稲中の人なんですね。
    お下品なイメージだったのですが、この漫画は真面目でした。
    文学的だったりして。

    金庫を盗む話までは盛り上がって面白かったのですが、その後はほのぼの恋愛系になって下降していく感じ。。
    事件も起きそうで起きない。
    ところでこういうダーク系の漫画ってよくトランクに人が入ってるよね(笑)

    それで、結局恋人はできたけど友達はできないじゃん?
    皆去って行ってしまった。
    男の友情って結構脆いのかな?

    羽田さんの元カレが最後わざわざ出てきたのに痛い目に合ってないのもなんだかな。
    美人で優しい彼女と沖縄逃亡ですか?

    面白いけどラストもう一捻り欲しい感じでした。
    全体的に、細かい描写はリアルだけど、展開はありきたりかも。

    ドラマつい最近やってたんですね。
    主人公は有田じゃなくて本当はココリコ田中って感じですが…。

  • 古谷実ワールド全開

  • 富岡さんのキャラクターが本当に素敵だ。

  • 没になるほどの人生ではないような。古屋さんは相変わらずひねくれていらっしゃる。安定のダークぶり。

  • 何だろ、この人天才なのかな、凄いよ

  • 孤独って怖い

  • おもしろかった。出てくる女の子(ヒロイン)のキャラがいつも一緒、とかはあるけど、でも主人公のどうしようもなさだとか、変なまわりの人だとか、やっぱりおもしろい。

  • ふと、自分が孤独であることに気づく主人公・富岡。美人なのに、ちょいちょい変態っぷりが顔を出すヒロイン・羽田さん。個性が豊かすぎる脇役たち。素直な富岡が好きです。

  • 友達が一人もいなくても生きてこられた富岡さん。凄い!その語り口は、テンポよく面白い。
    ホームレスに貯金はたいたり、お隣が凄い美人だったり、どんどん人と関わってくる展開がどうなるのか?
    わくわくする本。

  • 孤独について

    人間は孤独

    誰しもが抱えるそれとどう向き合うのか

    一人で戦うのか
    誰かと一緒に戦うのか
    お金で対抗するのか
    夢で対抗するのか
    戦わないのか

全58件中 1 - 10件を表示

古谷実の作品

わにとかげぎす(1) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする