みなみけ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.62
  • (83)
  • (74)
  • (206)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1289
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063614848

作品紹介・あらすじ

南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。
ハルカ、カナ、チアキ、南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。他愛もない日常の事件が、時に大きく、いつもは小さく発展していくサマをお楽しみください。


南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もうひとつの南家登場。
    しかし、これがまたうまくキャラ設定をねじっていて。掛け合いでうまくギャグになる。
    そもそものキャラ設定がうまくはまっていて、キャラを活かしきってると思う。

  • チアキは、別のクラスの南冬馬というボーイッシュな女の子を自分の弟分にしてしまいます。ところが、藤岡がトウマのことを男の子だとカン違いしたまますっかり意気投合してしまい、彼女もマコちゃんと同様に後に引けない状況に陥ってしまいます。

    チアキのクラスメイトの中で、内田はおバカなキャラクターで比較的強く印象づけられていましたが、ここにきて吉野の方も、じわじわと良いキャラクター性を示してきています。ツッコミ体質なんだけどツッコまないでちょっと涼しげな視線を注ぐようなスタンスで、チアキや内田の振る舞いを見ているといった感じでしょうか。

  • 売る前準備として登録→売りました.

  •  ようやく誰が誰だか分かるようになってきた。
     トウマかわいい。内田ちゃんも。
     かわいい。

     でも、段々あれだね、ハルカちゃんはおっとり真面目系から、だらしな暴力系へと変わっていったね。

  • 「お前の好みとか聞いてみようかな」
    「そうですねーカナさん以外の女性なら誰でも…」
    「お前そういうことは私がお前に気がないってことをはっきりさせてから言えよ。順番守れよ」

  • 背景が白いのは気にせず。

    個性的すぎるキャラクターたちが見ていて楽しい。

  • みなみけの日常が淡々と描かれていて面白いです!
    保坂先輩がいい味出してます(笑)

  • 冬馬ともう一つの南家登場。
    3姉妹の家を中心にしてサブキャラ同士の絡みが多くなる。
    このあたりから登場人物の瞳や髪の黒ベタが多くなり、背景とあわせて白黒感が強くなってくる。

  • トウマ登場。藤岡はカナにしか興味ないみたいだけどリコちゃんもかわいいよね

  • Thanks to S.M.

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作に『みなみけ』、『今日の5の2』がある。現在、別冊少年マガジンで『そんな未来はウソである』を連載中。

「2014年 『そんな未来はウソである(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜場コハルの作品

みなみけ(3) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする