みなみけ(4) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (77)
  • (81)
  • (189)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 1319
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063615937

作品紹介・あらすじ

南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。
ハルカ、カナ、チアキ、南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。他愛もない日常の事件が、時に大きく、いつもは小さく発展していくサマをお楽しみください。


南さんちの3姉妹、その平凡な日常をまったりと。南家(みなみけ)の3姉妹が贈るワンダフルまったりショートストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マコちゃん受難。

    温泉のとこは流石に笑った。
    あれはマジで混乱するというか、ああなるよね。

  • カナに想いを寄せる藤岡は、トウマの兄のアキラとカナの関係に不安を抱き、彼にライヴァル心を燃やします。

    一方、性別を変えて南家の人たちと付き合うことになったトウマとマコちゃんは、みんなで温泉旅行に出かけることになって困惑させられることになります。

    マコちゃんをじわじわといたぶるように追い込んでいく吉野に、すっかりやられてしまいました。

  • やはり保坂かぁ。彼が登場するだけで、話しが「締まる」。

  • 売る前準備として登録→売りました.

  •  確かに段々おもしろくなっていってはいるんだけど、段々キャラの顔も変わってってるね。
     いや、うまくなっていってるんだろうけど、チアキちゃんとか小学生が、もう小学生の顔じゃない。カナちゃんも、中学生の顔じゃないよ。大人の顔だよ。

  • もはやキャラクターに収拾はつかないような。言葉遊び的進行が面白いのに。

  • →ブックオフへ売却

  • 比較的脇役の話が多いので嬉しい。マキの顔にラクガキする話なんかはオチも含めて良かったと思う。
    この巻を読むとみなみけおかわりを思い出すので個人的には心苦しい。

  • 吉野の腹黒話これに尽きる

  • 9784063615937  194p 2007・9・6 1刷

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作に『みなみけ』、『今日の5の2』がある。現在、別冊少年マガジンで『そんな未来はウソである』を連載中。

「2014年 『そんな未来はウソである(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜場コハルの作品

みなみけ(4) (ヤンマガKCスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする