新宿スワン(22) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (6)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063618877

作品紹介・あらすじ

歌舞伎町スカウトサバイバル
ここは新宿歌舞伎町───。白鳥タツヒコは仕事ナシ金もナシのどーしようもない19歳‥‥だった。ところがある日、スゴ腕風俗スカウトの真虎(マコ)に気に入られ、スカウトデビュー!! 女のコに声を掛け、水商売を紹介し、その紹介料で飯を食う歌舞伎町裏ビジネスの世界に足を踏み入れたのであった。


ライバルのスカウト会社・ミネルバにスパイとして潜入したタツヒコ。幹部の百塚にも気に入られ、順風満帆。だが、百塚を兄と慕う歌舞伎町No.1フードルのリカが、歌舞伎町の新興勢力・ハウンドに攫われてしまう。リカ救出に動いた百塚&タツヒコは捕らわれの身に。万事休すかと思われたところに現れたのは、タツヒコをスカウトの道に引き込んだ張本人・真虎だった・・・・!! 激動の“ミネルバ潜入編”、お見逃しなく!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リカとタケシの話が意外にもいい話でほっこりしてしまった。
    いや、タケシが金城と一緒にやってきたことはホントに許されない下衆なんだけどさ。
    タケシは金城と出会わなければもう少しましな人生だったかもしれない。
    金城もタケシみたいな強い男に出会わなければ身の丈に合った生き方ができたかもしれない。
    でもこいつらは出会ってしまったんだよね。
    ラクなほうに流れるか流されないかは結局自分次第なんだろうな。

    そして山城兄弟の暗殺。
    マコさんなんなの!?
    一体何が目的なんだろう。こわいよー

    で、この山城兄弟の話もすごくよかった。
    神の意外な若き姿に、尊のイケメンっぷりとブラコンっぷり!

    新生バーストとミネルバもどうなっていくんだろう‥と歌舞伎町の変化も気になるのに肝心のタツヒコが北海道に‥。
    怒涛の展開。22巻濃すぎ!

  • ついにマコが牙を剥く!尊が殺されたのはかなりショック

  • 面白かった☆

  • 真虎さん動き出した。一巻から随分絵が変わったな。

  • 真虎、てめぇだけは許さない

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

2004年9月期の月間新人漫画賞にて『新宿ホスト』で佳作を受賞。これが2005年別冊ヤングマガジンNo.8号に掲載され、デビューを果たす。同年ヤングマガジンNo.17号より『新宿スワン』を連載開始。

「2012年 『新宿スワン(31)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新宿スワン(22) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

和久井健の作品

ツイートする