新宿スワン(23) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.81
  • (3)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 74
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063619263

作品紹介・あらすじ

歌舞伎町スカウトサバイバル
ここは新宿歌舞伎町───。白鳥タツヒコは仕事ナシ金もナシのどーしようもない19歳‥‥だった。ところがある日、スゴ腕風俗スカウトの真虎(マコ)に気に入られ、スカウトデビュー!! 女のコに声を掛け、水商売を紹介し、その紹介料で飯を食う歌舞伎町裏ビジネスの世界に足を踏み入れたのであった。


スカウト会社・バーストのタツヒコは社長の山城神(やましろじん)の密命を帯び、ライバル会社のミネルバに潜入。だが潜入中に、社長の神が急死。その死を不審に思った神の弟の尊(タケル)に頼まれ、タツヒコは一路北海道に向かう。だが、タツヒコに北海道行きを命じた尊も真虎(マコ)の兇弾に斃(たお)れ、真虎はミネルバ社長に就任。何も知らないタツヒコを待ち受けるものとは・・・・。戦慄の新章“すすきの監獄編”開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ススキノ編に突入。
    私の地元なので個人的にすごく嬉しいし楽しい。
    ススキノの町並みもかなり忠実に描かれていてあそこにタツヒコが立ってるのか!とか思うと面白い。

    札幌っていうんでやっぱり犬飼と再会するんだけど、こんなところで森長が出てくるとは思わなかったしタツヒコとコンビになるのも想定外すぎてうれしい!!!
    でもバカ二人でどうなるかと思ったのに森長が意外ときちんとしていて惚れる!

  • すすきのだぁ〜!!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2004年9月期の月間新人漫画賞にて『新宿ホスト』で佳作を受賞。これが2005年別冊ヤングマガジンNo.8号に掲載され、デビューを果たす。同年ヤングマガジンNo.17号より『新宿スワン』を連載開始。

「2012年 『新宿スワン(31)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新宿スワン(23) (ヤンマガKCスペシャル)のその他の作品

和久井健の作品

ツイートする