湾岸ミッドナイト C1ランナー(4) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
4.24
  • (8)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063619621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人は自分のせいだと崩れない
    他者のせいで思い通りにいかない時
    本性が現れる (•̴̑.̶̥•̴̑)

  • デキる蘊蓄オッサンたちが、スレてない若者を生暖かく見つめ、澱みが掬われるんだとか言いながら不毛な活動している最高。クルマはいまだ興味なしw

  • ククク… 評価高いのナ コレ(笑)
    でも結構オモシロいのヨ
    ポエム漫画なのは相変わらずだが
    闇チューニング全盛期だった80~90年代と
    合法になったが何かを失った現代、
    という作者が一番言いたいことをうまく演出してると思う。
    (なんだこの文は)

  • 最近楠先生語尾に(笑)多いよナ(笑)

  • 台詞の一つ一つが引っかかります。走っていた親父にはささります。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1977年、『あこがれの白いスポーツカー』でデビュー。代表作は『あいつとララバイ』、『シャコタン★ブギ』、『湾岸ミッドナイト』など。車漫画では、日本を代表するトップランナー。

「2019年 『首都高SPL(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠みちはるの作品

ツイートする