進撃の巨人(11)特装版 (プレミアムKC)

著者 :
  • 講談社
4.27
  • (43)
  • (30)
  • (11)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 562
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063622560

作品紹介・あらすじ

4シートの「シール」、そして2枚の「3Dポストカード」を同梱した第11巻特装版が緊急発売! 「シール」は、原作の名場面をカラー化したシートのほか、かわいいアニメイラストを集めたシートなど、全部で4シート。さらに、エレン達が飛び出す「3Dポストカード」も2枚付いてくるファン必携アイテムだ。総員、売り切れ前に確保せよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ミカサがかわいい…。
    なかなか大変なんだがユミルとクリスタににやにやさせられた。
    ライナー…。

  • 野戦糧食買ってみた。普通においしかった。

  • えっ (゚○゚)! 巨人兵団ってなんだ‼︎

  • ミカサは二人を仕留められなかったことを後悔する。エレンと鎧の巨人との対決。ミカサは攻撃を続けるが全く効かず。エレンはアニと格闘の練習を思い出す。巨人化したエレンは、鎧の巨人に対して教わった戦い方を使い対応する。戦いはエレンに傾きそうだと思うときに思わぬ展開になる。ミカサが気がついた時には巨人たちの姿はない.ハンネスに励まされて,ミカサとアルミンは少し元気になる.捉えられたエレンとユミルは今後行動を共にするか迫られる.話がどんどん進む,力が大きすぎて対処するには今の所どうしようもない感じだ.次巻が待ち遠しい

  • ユミルがヒントくれたのでなんとなく敵が見えてきた…かな?
    あの猿が得体の知れない未知の生命体ではなさそうなので安心したw

  • 次巻にも期待してます‼

  • ユミルー!続きいってえええ!!
    104期生ほんと出自複雑なの多すぎだろうと。
    慣れたからか、巨人が人食べててもそんなに気持ち悪くなくなりました。
    慣れていいのか…??

  • ううぅ…つらい展開(つд`)前巻の最後がえっ!?て感じの終わりで、今巻は迫力のシーンから。ミカサの「私はただそばにいるだけでいいのに」に泣きました(;∀;)そしてベルトルさんとライナー本当つらい…

  • なんだか読むのが疲れてきました。

  • やばい! こんなに切迫した漫画は久しぶり。巨人怖すぎ。
    リヴァイさん好きすぎる

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。大分県出身。2008年、第81回週刊少年マガジン新人漫画賞入選作にてデビュー。2009年、「別冊少年マガジン」創刊号より『進撃の巨人』連載開始。2011年、『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞(少年部門)受賞。


「2020年 『進撃の相談室 13歳からの「戦略論」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

諫山創の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(11)特装版 (プレミアムKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×