トッキュー!!(4) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.58
  • (39)
  • (17)
  • (109)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 269
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063634440

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あー出て来たわ石井メグル。この先どんな関係性になるのか。
    櫻井さんとのバディの話、ちとぐっとくる。

  • 競技会。
    そして全裸の飲み会…

  • うみまる君ちょっと心が疲れてるんだ
    お前のやりそうなことくらい2秒でわかる

  • 第23話 悩める「うみまる」
    第24話 バディ
    第25話 出発の朝
    第26話 前哨戦
    第27話 嵐の予感
    第28話 白と黒
    第29話 霞む夢
    第30話 チャンス到来
    第31話 真の勝者

  • 真田隊長の鉄人ぶりが最高です。
    Sの匂いがする…(笑)

  • 一度読んだら止まらない
    全20巻です
    今改めて見ると…主人公…成長…したよね?笑

  • 競技会が収録されています。らいこうのかっこいいおじ様達が活躍してます!!

  • 海上保安庁特殊救難隊に所属する神林 兵悟。
    汗と涙が滲む過酷な訓練。(たまに血も滲むw
    少し主人公のいいようになりすぎてる感もありますが、そんなのも気にならないくらい好き。
    シリアスなはずなのに、なぜか笑えるこの漫画は
    うみまる大活躍のかいですねw

  • 潜水競技会でトップになりトッキューを目指す!という目標を持ったヒョウゴは訓練にもトレーニングにも力がはいる。競技会がついに始まり、そこには強力なライバル達が…メグル登場。

  • めぐる初登場

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

同名著者複数。

1. 小森陽一(こもり よういち)
1967年、佐賀県生まれの小説家、漫画原作者、脚本家。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業後、東映助監督、テレビ製作会社勤務を経て作家に。原案を担当した『海猿』は後にテレビドラマ化、実写映画化。マンガ原作の代表として、『トッキュー!!』、『天神-TENJIN-』。小説家としては「天神シリーズ」、そして2018年10月映画化される『オズの世界』。

2. 小森陽一(こもり よういち)
1953年、東京都生まれの研究者。東京大学総合文化研究科(言語情報科学専攻)教授。専攻は近代日本文学、近代日本の言語態分析、現代日本の小説と批評。全国「九条の会」事務局長。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。成城大学文芸学部助教授、東京大学教養学部助教授を経て、現職。
主な著書に、『ことばの力 平和の力――近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ 小森陽一対談集』(シネ・フロント社)、『あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル』(新日本出版社)など。

トッキュー!!(4) (講談社コミックス)のその他の作品

小森陽一の作品

ツイートする