金田一少年の事件簿 吸血鬼伝説殺人事件 (講談社コミックス)

  • 講談社
3.33
  • (19)
  • (27)
  • (123)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 431
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063634686

作品紹介・あらすじ




金田一少年が帰ってきた! 美雪との久しぶりの再会の場は、吸血鬼(ヴァンパイア)伝説が残る村の廃墟風ペンション「ルーウィン」。その夜、怪人が現れ、美雪の目の前で宿泊客を絞殺! さらに吸血鬼の牙は美雪にも及ぶ…!! 鉄壁のアリバイと密室――2つの不可能犯罪を貫くのは“鮮血のトリック”! 「謎はすべて解けた!」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 連載再開第一弾ということもあってか、情報が多くて推理するのは困難でしたが面白かったです。

  • この話すっごい好き!!!!!
    6年ぶり?くらいに読み返したんだけど犯人は分かってるのにトリックが思い出せなくて、読み返しながらモヤモヤした!超おもしろい!
    はーおもしろい。このときくらいの絵が一番好きかな。緋色さんかっこよすぎるし。はー。素敵。また何年後かに読もう、と本棚になおす。

  • なんとなくですが、今回じっちゃんを意識した言動が多かった気がします。
    ボンベイタイプの血液、この血液型だけじゃなく珍しいというのは大変なことなんですね。何かあった時必ず誰かの助けが必要になる。それはボンベイタイプの血液を持っている特殊な人たちだけじゃなく、普通の人もみんなそうですよね。そういうことを心にとめておきたいな。

  • 全シリーズに比べて、犯人のデッサンがショボイ・・・
    緋色のドラキュラマント姿も余計。
    最初にこういう登場の仕方は、「犯人じゃない」といっているようなもの。 

    即席密室部屋に、分割エレベータートリック。
    おまけに、美雪の行動頼み。

    こんな行き当たりばったりの犯行ではリアリティもなかった。

  • 以前のものは全巻家にあって、ついつい読んでしまったな~。前に比べて絵がヘンじゃないかな。事件はいかにも金田一少年シリーズっていう感じ。 あと1冊あるみたいなので読んでみます。2013年3月14日
    再読 2014年5月24日

  • 吸血鬼は本当に存在するのか?
    廃墟マニアには堪らないホテルにて。 
    困難の分割。

  • 吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件,オペラ座館・第三の殺人(上下),獄門塾殺人事件(上下),不動高校学園祭殺人事件/「血溜之間」殺人事件,黒魔術殺人事件

  • 四年振りの新シリーズ。この巻は実写ドラマ化もしてたよね。新シリーズからは絵が少し変わり、現在出てる作品も同じような絵になっています。困難の分割って考え方は結構好きですね。

  • 新シリーズ第1巻ということで。はじめちゃんと美雪ちゃんの関係がいつも不思議です。笑

  • 絵柄変わった
    お話がぶっ飛んでる

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

画家/さとうふみや
漫画家。1991年に「カーリ!」で週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、デビュー。1995年、「金田一少年の事件簿」で講談社漫画賞を受賞した。ほかの作品に、「探偵学園Q」などがある。

「2018年 『金田一くんの冒険 2 どくろ桜の呪い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうふみやの作品

ツイートする