あひるの空(6) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (35)
  • (31)
  • (89)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 495
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063635065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カバチがだんだんかっこよく見えて来るやつ)^o^(一途さは認めるけど…w
    チャッキーとナベの素人コンビが意外な活躍!空も今行かなきゃだめだ!

  • またまたマンガです。
    すっごいプレーヤーが集まりながらも、みんながばらばらだったチームが、春の合宿によってまとまってきた。
    バスケットを知らなかったメンバーも自分の役割を認識して、チームになっていく。
    そして合宿の集大成として、強豪チームとの練習試合。
    相手チームは無名のチームを小ばかにしながらも、とりあえず練習試合に付き合うが、その実 かなり強いチームに成長した九頭竜高校(クズ校)に戸惑いながらも、ここで負けるわけには行かないとばかりに、主力を投入してくるが・・・。
    序盤リードしていたクズ校が追いつかれ、いよいよ試合も終盤というところで、続きは次巻でということになってしまった。
    ここで勝ってしまうのか?それともインターハイ予選までは勝たせないのか!?

  • 現在連載中の漫画で唯一買い揃えてます。

  • カラーボックス2-3

  • 4人バスケットボールの経験者で、1人が穴。これは、「スラムダンク」でも、一緒のパターンでした。
    でも、「スラムダンク」の場合は、その1人が主人公ということで、かなりドリームな展開も許されていたと思います。

    でも、このマンガの場合は、本当に、穴な感じです。リアルだ。控えにいた人間が、ちょっと試合に出ただけでも、ものすごく疲れてしまうというリアルや、やっぱり、活躍できないというリアル。
    そして、

    「それでも、充分なことは出来ないけれど、3分間だけでも、自分のできることを精一杯しよう」

    と思うことのリアルが伝わってきて、すごくいい。

    しかし、勝てるのか?
    試合は続きます。

  • 2006/2/21 日記で。

  • 2007/2/17購入。

  • みんなの心がひとつになったら。

    頑張れ空。

  • コーの絵に似てる!
    なんかのほほんで好き★

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

出身:茨城県、血液型:A型、デビュー:覚えてません(笑)、受賞歴:第61回マガジン新人漫画賞『スリーアウトチェンジ』、コミックス:『Howling』全2巻・『あひるの空』1~39巻(以下続刊)。

「2014年 『あひるの空 EARLY LAST DAYS(39)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あひるの空(6) (講談社コミックス)のその他の作品

あひるの空(6) Kindle版 あひるの空(6) 日向武史

日向武史の作品

ツイートする