トッキュー!!(7) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.62
  • (43)
  • (15)
  • (105)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 258
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063635430

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 星野くんお手柄!からの空の訓練。

  • ケイコたん。

  • 痛々しい歴史がお前達にも訪れる

  • ヒヨコ隊5人でのレスキューから、巡視船での洋上訓練まで。訓練がメイン。
    この巻はやっぱり星野君!!それとリペリング降下のその格好良さ。三隊副隊長の嶋本さんのすごさがわかる。五十嵐機長が初登場。

    第50話 あの空……
    第51話 出動!首都高速湾岸線
    第52話 ラストレスキュー
    第53話 新しい道
    第54話 空の女神
    第55話 リペ降開始!!
    第56話 飛べないヒヨコ
    第57話 洗礼
    第58話 ジャンプ!!
    第59話 船上の激闘!

  • ヒヨコ編です!厳しさとつまづきと仲間と再出発と…大好きな巻です!

  • リペ降訓練のタオル巻き兵悟がかわゆくて好きです。

  • 最近表紙が素敵すぎてやばいですw
    現場の厳しさを知れる一冊です?(なぜに疑問系

  • ヒヨコ隊5人揃っての最初で最後のレスキューは交通事故のレスキューだった。そこで能力を発揮した星野には新たな道が見えてきた。
    4人になったヒョウゴ達ヒヨコ隊は航空・洋上訓練へ。簡単なはずのリペ降で躓いてしまったヒョウゴだが…。女性機長・素敵な都会女子★五十嵐恵子タン登場!シマがなぜ機長に頭が上がらないのかが気になります(笑)

  • 星野の除隊、リペリング訓練の2つのエピソードの中でも主人公の兵悟と真逆をいく盤が描かれていて、ひよこ隊の訓練よりも気になってしまった。兵悟と盤を見てて、ずっと気になってたんだけど、盤は博多弁なのに佐世保出身の兵悟が標準語なのは、なじぇ? 主役だからか?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

同名著者複数。

1. 小森陽一(こもり よういち)
1967年、佐賀県生まれの小説家、漫画原作者、脚本家。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業後、東映助監督、テレビ製作会社勤務を経て作家に。原案を担当した『海猿』は後にテレビドラマ化、実写映画化。マンガ原作の代表として、『トッキュー!!』、『天神-TENJIN-』。小説家としては「天神シリーズ」、そして2018年10月映画化される『オズの世界』。

2. 小森陽一(こもり よういち)
1953年、東京都生まれの研究者。東京大学総合文化研究科(言語情報科学専攻)教授。専攻は近代日本文学、近代日本の言語態分析、現代日本の小説と批評。全国「九条の会」事務局長。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。成城大学文芸学部助教授、東京大学教養学部助教授を経て、現職。
主な著書に、『ことばの力 平和の力――近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ 小森陽一対談集』(シネ・フロント社)、『あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル』(新日本出版社)など。

トッキュー!!(7) (講談社コミックス)のその他の作品

小森陽一の作品

ツイートする