ツバサ(12) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (69)
  • (88)
  • (435)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 1404
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063635867

作品紹介・あらすじ

こことは違う別の世界にある国、玖楼国。そこである日、謎の遺跡が見つかる。玖楼国の姫・さくらがその遺跡に足を踏み入れた時、謎の光とともに、さくらの記憶が羽根に形を変えて様々な次元に飛び散ってしまう。さくらの幼なじみの少年・小狼はさくらを救うため、次元を超え羽根を探す旅へと出発する!!


予選で発生した妨害工作の犯人が見つからないまま始まった『ドラゴンフライレース』本選!! やはり不可解なトラブルが相次ぎ、ファイをはじめリタイアする者が続出!! 小狼もリタイアし、残ったのはさくらと黒鋼! 大混乱のレースを制するのはいったい誰なのか!? ピッフル国編いよいよクライマックス!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒鋼とファイのお父さんお母さん感(笑)
    経験もあるけど、それぞれに影響し合って良い方向に変わってきているんだな。
    知世ちゃん好きだなぁ。
    どの世界にもある漫画雑誌って何(笑)

  • 少年マガジンコミックス

  • ドラゴンフライレース終盤

  • ついにサクラ姫が自らの力で羽を取り戻すまでに逞しくなりましたね(*^▽^*)。今回は全体的に明るいトーンで楽しい巻でした。次はどんな所へ飛ばされるのでしょうか?

  • 10年くらい前に11巻まで買って読んでいた。漫画喫茶や漫画のレンタル屋にも無くてずっと読めないでいた。漫画喫茶マンボウで再会!

  • 4-06-363586-4 c9979 183p 2005.10.17 1

  • ピッフル国(ワールド)編クライマックス。さくらの羽根を賭けたドラゴンフライレースの本選もいよいよ終盤に。妨害工作を仕掛ける者の存在も明らかになる中、リタイアしたファイを除いた3人は迷路のような渓谷に差し掛かる…という巻。

    今までのゲストキャラも再登場、前半のまとめ的な意味合いもあったピッフル国編もこの巻でいよいよ終了。スピーディなレースの展開から眼が離せないのと共に、最初は偶然に出会い旅を始めた4人(+モコナ)の絆を感じるシーン(ファイと黒鋼のやりとりとか、さくらを庇う黒鋼とか)に、今までの道のりや、彼らの変化を想ってジーンとしました。そう言えば小狼も笑うようになったし、さくらも強くなったよなあと。一方で、変わらない黒鋼の知世姫への想いなども、ストイックで良いですね。

    まだまだ明かされていない謎や、残りのさくらの羽根の行方など気になることは沢山あります。星史郎はまた登場するんだろうか。

    ちなみに巻末には「語られなかった世界4」が収録されています。

  • 久々に酔った小狼くんを見た、おもろい(笑)
    山崎くん(だっけ?)いましたね、うそつきの!愉快でした!

    さくらが最高にかわいかったピッフル国編でした♪

  • 知世とさくら可愛かった

  • ピッフル国
    Capitre83 最後の難関
    Capitre84 心の眼
    Capitre85 戦いの姫君
    Capitre86 栄光の旗
    Capitre87 笑顔の宴
    Capitre88 次元を渡る者
    Capitre89 偽りの理由
    Capitre90 姫への伝言

    サクラちゃん超頑張るの巻。黒様のお父さん化が進む。

    語られなかった世界4 各世界のマガニャンについて

全35件中 1 - 10件を表示

CLAMPの作品

ツバサ(12) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする