さよなら絶望先生(2) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (127)
  • (105)
  • (662)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 2025
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063636192

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻に同じ。
    でもだいぶキャラが決まってきたかな……
    そして絶望先生が普通化。

  • なんでも開きたいペリーさん良かったな。

  • 1巻だけだと続きを買ったものか判断つかなかったので買ってみる
    読むと面白いが
    でも置いておくほどのものでもないこのぎりぎり感
    ぎりぎりいらないか

  • 確かに東京メトロのマークはエロい
    アニメ未収録話が二話
    どれも安定して読めた
    安定して読める?それはつまり面白いところの盛り上がりがないということ!?いえいえ、どのネタも安定して面白かったです

  • 「キュリー一家」は皆優秀だったのですねぇ・・・なのに有名なのはマリーだけ、はははヾ(;´▽`A。しかし、この巻はけっこう深くて、非難され慣れてない若者のための非難訓練とか、安定と言う幻想を作るために、不安定が支えているとか・・・。よく読むと考えさせられる・・・。

  • 89ページですね。⬇

  • さよなら絶望先生は面白い。
    無意味(ナンセンス)な笑いがある。

    七夕の笹の葉。
    来世で願いがかなうという。

    なんでも開きたがるペリー。
    最後の「お開き」というのがばかばかしい。

    つまらないといえはつまらないが,
    ブックオフで1冊約50円で売っていたので購入しました。

    作者の先生は,この値段に絶望しないようにお願いします。

    ps.
    自分の本がbook offで100円で並んでいたとき,
    知り合いはショックじゃない?
    と聞きましたが,捨てられずに並んでいることは,
    価値をまだ認められているので嬉しいと答えました。

  • 藤吉さんは2巻で登場かぁ。

    七夕エピはネガティブと思いきやポジティブも入ってると思う。個人的に。

    ペリーさんはやっぱりインパクト強いなぁ。
    非難訓練や不安定の話が割と好きかもしれない。

  • 小田原などを舞台とした作品です。

  • 時事ネタが多いので、読んだ時点ではちょっと懐かしい感じでした。

全76件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:神奈川県、デビュー:1990年 『行け!! 南国アイスホッケー部』第27回新人コミック大賞(小学館)で入賞。1991年 週刊少年サンデー15号より『行け!! 南国アイスホッケー部』を初連載。受賞歴 :『かってに改蔵』(平成13年度 第25回講談社漫画賞・少年部門ノミネート)・『さよなら絶望先生』(平成19年度 第31回講談社漫画賞・少年部門受賞)、コミックス:『さよなら絶望先生』全30巻、『せっかち伯爵と時間どろぼう』全6巻。『なんくる姉さん』(原作担当/漫画・ヤス)1巻~(以下続刊)

「2019年 『かくしごと(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さよなら絶望先生(2) (講談社コミックス)のその他の作品

久米田康治の作品

さよなら絶望先生(2) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする