あひるの空(14) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (36)
  • (25)
  • (64)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 439
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063637465

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バスケマンガ

  • 現在連載中の漫画で唯一買い揃えてます。

  • カラーボックス2-3

  • 負けたら終わる。
    高校で、インターハイ目指しているお話なら、それは仕方がないのかも。

    でも、負けても終わらない日常があって、負けたからといってバスケットボールをやめるわけでもない。

    そういうお話なんだなぁ。
    もちろん、彼らは、1年と2年だから許されているのかもしれないけれど。

    まあ、みんな、マンガらしく上手すぎるというのはあるんだけどね…。

    でも、キャブ翼読んで育ったJリーガーがいるように、「スラムダンク」や、「あひるの空」を読んで育つバスケットボールの選手も、きっとこれから生まれてくると思います。

    これは、きっと、そういうお話。

  • 丸高と大栄の試合。
    迫力のある絵と胸し染み入る言葉の数々。
    自分のいた証を刻む。
    部活や精一杯何かに打ち込んだ経験のある人なら一度は必ず経験したことのあるコト。
    もう一度読んで思い返してみよう。
    あのときの自分と、夢掴もうと必死追いかけていた輝きを・・・。

  • みんなが復活のために頑張っている。
    でもどこか、ばらばらで。

  • どうなる九頭龍高校

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

出身:茨城県、血液型:A型、デビュー:覚えてません(笑)、受賞歴:第61回マガジン新人漫画賞『スリーアウトチェンジ』、コミックス:『Howling』全2巻・『あひるの空』1~39巻(以下続刊)。

「2014年 『あひるの空 EARLY LAST DAYS(39)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あひるの空(14) (講談社コミックス)のその他の作品

あひるの空(14) Kindle版 あひるの空(14) 日向武史

日向武史の作品

ツイートする