魔法先生ネギま!(18) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (32)
  • (30)
  • (130)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 761
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063638011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 魔帆良祭編10巻目。
    魔帆良祭終了。

  • ・最終戦の残り。大団円!
    ・さらに学園祭アフター
    ・お茶会はまぁ、次への伏線だな。
    ・美空ストーリー。いや悪乗りしすぎだろ。あと懺悔する方々も……つい笑っちまった。
    ・サイレントとは意外……。
    ・そして夏休みへ……

  • 超が全部持って行った。

  • ついに超との戦いに決着がつくことになります。敗北した超は、ネギに別れの言葉を残して去っていきます。

    後日、ネギたちは図書館島の奥深くで、クウネル・サンダースことアルビレオ・イマのお茶会に参加し、父親の手がかりを求めて魔法世界「ムンドゥス・マギクス」への扉のあるウェールズに行くことを勧められます。

    後半は、美空が偽神父になってクラスメイトたちの告解を聞くことになったりと、久しぶりにコミカルな日常が戻ってくることになります。

  • 160時間目「世界が平和でありますように♡」
    161時間目「未来はみんなのためのもの♡」
    162時間目「幸福な未来に再見!!」
    163時間目「Have a break♡」
    164時間目「マジカル悪戯魂♡」
    165時間目「マジカル悪戯魂♡ その②」
    166時間目「沈黙ハ優しさナリ♡」
    167時間目「ネギ、育ってます♡」
    168時間目「もーいくつ寝ると、夏休み♪」

  • 学園祭編、終了

  • 9784063638011  173p 2007・4・17 1刷

  • 超との別れ、そしてナギの行方とは、、、<br />まあ祭りの後の静けさ混じりなのでは無いでしょうか。

  • 叶わない願いがあって、変えられない過去があった。
    変えられない思いがあって、叶わない理想があった。
    激戦も終わり、次の展開への小休止といったところ。
    残念なのは、千雨の能力絡みがこれ以降あまり活躍しそうにないこと。更に今回も活躍したのか怪しいこと。

  • ただの萌えマンガ。
    これは買ったら負けだと思っておこう。
    これを買って許されるのは中学生まで。
    いや、まじで。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:東京都、血液型:B型、デビュー:『ひと夏のKIDSゲーム』1993年9月「マガジンFRESH」読みきり掲載、受賞歴:第50回新人漫画賞 入選(審査員特別賞)、『ラブひな』(平成13年度 第25回講談社漫画賞・少年部門受賞)コミックス:『AIが止まらない』全9巻・『ラブひな』全14巻・『陸上防衛隊まおちゃん』全4巻(原作)・『魔法先生 ネギま!』全38巻・『ラブひな0』(KCDX)・『ラブひな∞』(KCDX)・『ラブひな特装版 IRO-HINA Version』 全14巻 (KCDX)・『完全版 A・I が止まらない!』全7巻 (KCDX)・『新装版 A・I が止まらない!』 全8巻 (KCDX)など。

「2014年 『ラブひな(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

赤松健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法先生ネギま!(18) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×