School Rumble(16) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (10)
  • (12)
  • (57)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 335
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063638035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 売る前準備として登録

  • ・天満が先生に?
    ・沢近さまが睨む。その先は・・・


    目次のイラストはなんか際どい沢近さん。
    どうも、修学旅行空けで、沢近・ハリマネタにドキドキしてしまいがちだが、本巻のメイントピックはそこじぇねえ!
    麻生と周防の破局!正直補完シナリオですらよくわからんが!とりあえず破局らしい!なんか、、、なんか 俺には難しくてわかんねえよ!

    そこさえ気にしなければ、ハリマと沢近がいちゃつくだけdの素晴らしい本。素晴らしい。

    サイドストーリーが多いけど、メインの話は沢近が、播磨をにらんでおしまい。

  • 2012年3月11日

    Cover Design/Hiroshi Yamaji(smack)

  • 【概要・粗筋】
    学校の先生になることが夢の天満は、その適性を測るために矢神小学校で一日体験教師をすることになった。それを聞きつけた播磨は弟の修治の代わりに天満の授業を受け行く(♯192~♯193)。修学旅行のアルバム委員である播磨は、ひょんなことから同じく委員の愛理の家に泊まることになった。その夜の騒動から愛理の誕生パーティまで(♯196~♯200)がこの巻の本筋。

    【感想】
    烏丸と天満、天満と播磨、播磨と愛理、播磨と八雲、美琴と麻生、とメインキャラではみな一方通行で誰も想いが叶っていない。おバカな天満(カバーの袖の天満は可愛いが)より、一人相撲の愛理や引っ込み思案な八雲の方が好きなだけに、先の展開が気になるところ。16巻では愛理と播磨のエピソードがメインで、八雲がほとんど出てこないのが残念。それと、美琴が麻生に振られたけれど(♯195と♭44)、その理由がこの巻ではっきりしなかったのは不満。

    ☆x3.5

  • 沢近が主役の巻。

全5件中 1 - 5件を表示

小林尽の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×