ダイヤのA(5) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (52)
  • (34)
  • (72)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 552
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063638219

作品紹介・あらすじ

もう一度、あのミットに投げ込みたい‥・・。 捕手・御幸一也との出会いが、少年の人生を一変させる。沢村栄純15歳。己の力を試すため、仲間に別れを告げ、野球名門校・青道の扉を叩く。そこには己のすべてをかけた誇り高き球児達がいた!  王道にして斬新。感動と興奮の高校野球漫画!!


残り2つの一軍昇格枠をかけた二軍最後の練習試合、対黒士館戦!! クリスの出場で、沢村は投手としてさらなる進化を遂げ、試合の流れも青道ペースに!! だが、クリスを知る敵ベンチの男・財前の策で、沢村とクリスのバッテリーは窮地に追い込まれ‥!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クリスの肩の故障を見透かしたバント作戦など、野球のほうが戦術的で面白い。ようやく一軍にあがる。
    『これまでの2年間・・・お前らは本当によくがんばった。熾烈なレギュラー争いに厳しい練習・・・辛く悔しい想いなどいくらでもしたことだろう。だがお前らは決してくじけず最後までこの俺についてきてくれた・・・これからもずっと・・俺の誇りであってくれ』という二軍残留の三年生に対する監督の言葉がいい。

  • 残り2つの一軍昇格枠をかけた二軍最後の練習試合、対黒士館戦!!クリスの出場で、沢村は投手としてさらなる進化を遂げ、試合の流れも青道ペースに!!だが、クリスを知る敵ベンチの男・財前の策で、沢村とクリスのバッテリーは窮地に追い込まれ‥!?(Amazon紹介より)

  • 「クリス先輩!!バッター集中でいきましょう!」
    沢村は間違いなくクリスを救ってる。
    そんな沢村との関係を築き上げたクリス。
    この二人の師弟関係が好きすぎて何度もこの巻は読みたくなる。

  • 残る2枠に選ばれた1年生のふたり。選ばれなかった選手の気持ちを考えると胸がギュッと苦しくなる。監督にとってこれは苦しい選択だろうし、辛い宣告だ。監督の言葉かっこよかった。さて、選ばれたものにできることとは?まだ完成しない選手にとって試行錯誤が必要だけど、失敗すればレギュラーから遠ざかる。クリス先輩は、先を見据えて、今必要なことを知っている。控えだとしても、後輩から尊敬され頼られるところがかっこいい。あんな人に憧れる。こんなふうになるために、自分に厳しくいたいと思った。

  • ついに沢村、小湊が一軍に。
    クリス先輩がサポートしてくれるなら心強い。
    一軍になれなかった3年生たちも、一軍のメンバーをサポートしていて泣ける。
    チームの心をひとつに!の合宿スタート。

  • 登録番号:11362 分類番号:726.1テ(5)

  • わたしがアニメでダイヤにハマった、合宿スタート。
    うっ…クリス先輩のまなざし慈愛に満ちてて…厳しいけどやさしいクリス先輩素敵です(´;ω;`)
    倉持先輩や哲先輩たちの描き方が安定してきた印象。

  • うまく噛み合って来はじめた栄純とクリス先輩のバッテリー。
    がしかし対戦相手の中にいた、クリスと同じ中学だった選手財前が、肩を壊してリハビリ中のクリスを徹底的に狙うよう指示を出す。
    バント攻撃で揺さぶられ、ついに悪送球してしまうクリス。
    しかしその財前も、足の怪我に苦しんでいたのだった。

    そしてついに自分の投げ方を見つけた栄純。
    クリス先輩の「ナイスボールだ」には泣けますね。

    練習試合の結果、一軍に小湊と栄純が昇格。
    しかし二軍残留となったクリスのことを思うと、栄純は自分の一軍入りを素直に喜べなかった。

    レギュラー入り出来なかった3年生に、監督は「これからも俺の誇りであってくれ」と頭を下げます。

    最期の夏の3年生はベンチに入れてあげたいのが、人情です。
    でもそんな甘いことを言ってはられないのも、実情。
    監督はツライですね。

    ★は3.5.

  • クリス先輩と財前のところでほろり、クリスパパの頑張れでほろり、監督の言葉でほろりとどれだけほろりするんや!というくらいほろりな一冊でした(T_T)ふる、はるっち、栄純の一年トリオもいいね。

  • ---

    Mon., 02 Dec. 2013 読了

    ---

    一軍発表・合宿ー!

    --あらすじ--

    ダイヤのA 5巻
    残り2つの一軍昇格枠をかけた 二軍最後の練習試合、対黒士舘戦‼︎
    クリスの出場で、沢村は投手としてさらなる進化を遂げ、試合の流れも青道ペースに‼︎
    だが、クリスを知る敵ベンチの男・財前の策で、沢村とクリスのバッテリは窮地に追い込まれ…⁉︎

    --

    扉絵?の春一君がカッコよすぎ(*´Д`)
    何なの このイケメンは。

    登板最後の最後で、監督に教えられたフォームを自分の型にしちゃってー
    沢村はいい感じにバカだから、そういう応用がきくのかなぁとか考えたり。
    試合終了後、集められた選手たちに一軍行きの選手発表。
    まぁ 小湊と沢村だわなぁ。
    あの感じからすると、小湊兄弟の話も来るかしらね。
    楽しみだわぁー

    そして合宿の始まり。
    さてさて どうなることか。


    End.
    ---

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:香川県、血液型:O型、デビュー 1999年「マガジンFRESH」夏号『メンバー』、受賞歴:第62回新人漫画賞・佳作、コミックス:『GIANT STEP』全4巻、『ダイヤのA』1~41巻(以下続刊)。『ダイヤのA』で第53回小学館漫画賞・少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をダブル受賞。

「2014年 『ダイヤのA(41)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺嶋裕二の作品

ツイートする