さよなら絶望先生(9) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (78)
  • (61)
  • (277)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1259
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063638547

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • だんだん中身忘れてくる・・・読んでる端から。
    読みなれてきちゃったかな。
    新キャラも特に出ないし。

  • バレンタインデーは「好きな子の好きな子が分かる日、そしてそれは九分九厘自分ではない」切な過ぎるよ~(T∇T)

  • 読み進めるごとに巻末の小さい文字列がしんどくなる…。
    漫画だけ読めば、いいよね…。

    漫才みたいな漫画。
    私の読み方も悪いんだろうけど、なんか読後にあんまり記憶に残らないんだよな。
    風刺ってほど風刺でもないし、ホントにテレビで見る漫才みたい。

  • 木野くんはこの巻から絶望先生クラスですか。
    あと倫も編入してきましたね。

    好きな子の好きな子が〜→なんでそんな絶望的なこと!→絶望先生だもの、の流れがシュール。
    三分の1の告白がなんかいい。
    色眼鏡回で、絶望先生は眼鏡じゃないと!と言う藤吉がテンション高い。

    チョコレート工場と冬将軍と色眼鏡と逆狼少年と過充電とさらっと言うな!の話が好き。

  • 9784063638547  160p 2007・7・17 1刷

  • 9巻。

  • 先生かわいい
    あびるちゃんは相変わらずかわいい

  • 7人の小人あるある。甚六先生がちょっとずつ気になる人に。

    「教師ってみんな左翼なんでしょっ」久米田先生は教員免許…いや関係ないですね
    紙ブログに生前葬レポ(?)も。

  • アニメ「さよなら絶望先生」があまりにも面白いので、原作買おうと思いつつ、のびのびになってて、やっとゲット。

     いやあ、面白かった。
     でも、どう面白いかっていうのを説明するのは難しい。つか、たぶん、読み手によってツボが全然違ってくるんだろうな。
     ともあれ、大爆笑っていう面白さではなく「へっ」とか「ほわぁ」っていう脱力した笑いになるのがいいの。
     肩の力が抜けます。

     でもって、えらく絵がうまい。
     久米田先生は、ヘタって自嘲してるみたいだけど、私はめちゃくちゃうまいと思ったですよ。ヒトこまの説得力がすごい。

     と、全く観想になってない気がするが、とりあえず新刊でたら即買うよ、って自分の中のカテゴリーに入りました。ただ、OVA付きのにするか普通のにするか思案中<をい
     

  • “「言ってる意味が、 よく 分かりませんが、眼鏡を、 なくして しまったんですね。」
    「まあ 緊急用の 使い捨て コンタクトが あったので
    当分 コンタクトで 過ごそうかと」
    「コンタクト だなんて そんなの 先生じゃない!」
    「え」
    「そんな 先生 認めない!」
    「何? その沸点?」
    「みんなカンパよ! 先生に 眼鏡を買うのよ!」
    「私が 買ってくるよ」”

    個人的には絶望先生の眼鏡無しバージョンが好きだ。
    ものっそい好きだ。
    この漫画は進級なしでも年は進む漫画だそうで。

    カバー裏は普通っ子。
    カバー下はひきこもりと交くん。

    “「そーいえば 初期の頃にいた 生徒さんたちは?」
    「進級 しました」
    「さらっと やるなよ!」
    「今回、 どさくさにまぎれて、 辻褄の合わない設定、 さらっと流す気だ!」
    「いろいろ 大変なんですよ アニメになるから」
    「ん。
    今、何か、 さらっと 言わなかった!?」
    「とにかく
    バツの 悪い事は どこでも さらっと 言うものです」”

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:神奈川県、デビュー:1990年 『行け!! 南国アイスホッケー部』第27回新人コミック大賞(小学館)で入賞。1991年 週刊少年サンデー15号より『行け!! 南国アイスホッケー部』を初連載。受賞歴 :『かってに改蔵』(平成13年度 第25回講談社漫画賞・少年部門ノミネート)・『さよなら絶望先生』(平成19年度 第31回講談社漫画賞・少年部門受賞)、コミックス:『さよなら絶望先生』全30巻、『せっかち伯爵と時間どろぼう』全6巻。『なんくる姉さん』(原作担当/漫画・ヤス)1巻~(以下続刊)

「2019年 『かくしごと(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さよなら絶望先生(9) (講談社コミックス)のその他の作品

久米田康治の作品

さよなら絶望先生(9) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする