さよなら絶望先生(12) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (71)
  • (62)
  • (230)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1153
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063639490

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん、何もないな。
    ただ、いつもどーりネタはうまいよなぁ……
    これだけはマネできんだろうJK。

  • ツボな話が多かった~(*^▽^*)。一見さんにわかってもらうのも面倒だけど、百見さんのいろんなツッコミのほうが面倒とか、何でもかんでも誰かが「アリじゃね?」って言っちゃうとなんとなくアリになっちゃうとか、働かないと負け組み扱いされるけど、働いたら負け(これ言い出した人誰よ(;-_-) =3)という二重拘束、等々・・・。かなりキました(*^▽^*)。最後にこの巻を読むまで「腐女子=藤吉」に気づかなかった私・・・(T∇T)

  • 表紙の先生のポーズが結構好きです。
    背景がピンクな事もあって可愛らしく見えます。

    12巻では芽留パパが登場。
    過剰に娘を心配しすぎる余りに行き過ぎた事をして娘に嫌われる系の父親か。
    102話は芽留回だと思う。
    何気に12巻は芽留が活躍してるような気が。

    ちょこっと霧とまといの戦いや女生徒→絶望先生フラグ出てたり。
    かすかに芽留→久藤を感じ取ったのは私だけですかそうですか。

  • 9784063639490  160p 2008・2・15 1刷

  • 12巻

  • アニメ化おめでと~。小森ちゃんと交くんの交流がほほえましい。

  • 百見さまではないですがキャスバル氏の絵はわかりますよ多分……。
    久藤くんの和服姿が新鮮。
    あと「どっちも嫌です!」の先生が潔くて好き。

    コミックスで読んでたので、きよ彦の夜知らなくて読めてないのが残念。アニメで見たけど、漫画で読みたいなあと思ってます

  • アニメ「さよなら絶望先生」があまりにも面白いので、原作買おうと思いつつ、のびのびになってて、やっとゲット。

     いやあ、面白かった。
     でも、どう面白いかっていうのを説明するのは難しい。つか、たぶん、読み手によってツボが全然違ってくるんだろうな。
     ともあれ、大爆笑っていう面白さではなく「へっ」とか「ほわぁ」っていう脱力した笑いになるのがいいの。
     肩の力が抜けます。

     でもって、えらく絵がうまい。
     久米田先生は、ヘタって自嘲してるみたいだけど、私はめちゃくちゃうまいと思ったですよ。ヒトこまの説得力がすごい。

     と、全く観想になってない気がするが、とりあえず新刊でたら即買うよ、って自分の中のカテゴリーに入りました。ただ、OVA付きのにするか普通のにするか思案中<をい
     

  • “「そう クリスマス なんて
    普通に 生活している だけで かわいそう がられる
    クリスマスと いうだけで 普段の行為が かわいそうに 見える 不思議!」
    「どーゆう事 ですか?」
    「つまり
    クリスマス なのに アルバイト していて かわいそー とか!
    クリスマス なのに 恋人が いなくて かわいそー とか!
    クリスマス なのに ネットを していて かわいそー とか!
    普段 学生が アルバイトしていて かわいそうなんて 言われますか!?」”

    カバー裏は主婦女子高生。
    カバー下はひきこもりとマリアと誰か。

    “「何か 悩みごと? 千里ちゃん」
    「ダブル バインド なのよ。
    相手を 呪いたい けど、 呪うと 自分にも 返って くるし。」
    「人を呪わば 穴2つって 言うもんね」
    「ま、 結局、 呪うん だけどね。」”

  • 【Y】

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

出身:神奈川県、デビュー:1990年 『行け!! 南国アイスホッケー部』第27回新人コミック大賞(小学館)で入賞。1991年 週刊少年サンデー15号より『行け!! 南国アイスホッケー部』を初連載。受賞歴 :『かってに改蔵』(平成13年度 第25回講談社漫画賞・少年部門ノミネート)・『さよなら絶望先生』(平成19年度 第31回講談社漫画賞・少年部門受賞)、コミックス:『さよなら絶望先生』全30巻、『せっかち伯爵と時間どろぼう』全6巻。『なんくる姉さん』(原作担当/漫画・ヤス)1巻~(以下続刊)

「2019年 『かくしごと(10)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さよなら絶望先生(12) (講談社コミックス)のその他の作品

久米田康治の作品

さよなら絶望先生(12) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする