のだめカンタービレSelection CD Book vol.2

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (20)
  • (9)
  • (63)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 177
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (82ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063646665

作品紹介・あらすじ

パリ編を中心に7つの名曲を収録したセレクションCDとミニ・イラスト集の第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のだめの連載を読んでいた頃に、音楽も同じ曲を聴きつつ
    読みたいなぁと思っていたところに、selectionシリーズ2は
    ベルリオーズ:序曲「ローマの謝肉祭」や
    ラヴェル、モーツァルトと大好きな曲のセレクトだったので購入。

    それぞれの曲の解説や聞き所のポイントなども
    書かれてあるのもうれしいっ[*Ü*]

  • 収納を整理していたら奥から発掘された(その2)。のだめカンタービレの作中で出てきたクラシック作品が収録されている。

  • 1.ベルリオーズ:序曲≪ローマの謝肉祭≫
    2.ラヴェル:バレエ≪マ・メール・ロワ≫より第3曲:眠りの森の美女のバヴァーヌ
    3.ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章より第1楽章:ロシアの踊り
    4.ラヴェル:水の戯れ
    5.プーランク:ピアノ、オーボエ、バソンのための三重奏曲より第2楽章:アンダンテ
    6.デュカス:交響詩≪魔法使いの弟子≫
    7.モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番イ短調K.310(300d)より第2楽章:アンダンテ・カンタービレ・コン・エスプレッシオーネ
    ●コミックス未収録 カラーイラスト満載

  • 1は持ってないけど2と3はもってます^^

  • 漫画読み返しながら、これを読むのが至福の時。

  • のだめを買うついでに。「魔法使いの弟子」が入っていたから買ったのですが(^^)

  • 解説がわかりやすくておもしろい

  • いつ何処で(といっても町田か新百合)買ったのかが判らない・・・とりあえず発売日は8/28なので一応8月に入れておきます。聞いてて楽しいCDデスよ。流石のだめ!って曲が収録されております。あんまり聞き覚えのない曲ばかりだけど、楽しめました。クラシック初心者おすすめ!です。

  • 2が出ました!<br>
    早速購入したけどまだじっくりと聴いてない(ーー;)<br>
    前よりはCDは取り出しやすかったです。

  • 2が出ました☆水の戯れ好きだなぁ。。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

二ノ宮知子の作品

ツイートする