げんしけん (9) 限定版

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (41)
  • (25)
  • (137)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 473
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063646740

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蜀崎ェュ縲ゅ?繝ウ繧ャ螳カ縺ク縺ョ驕薙r逹?縲?→豁ゥ縺ソ蟋九a繧玖砂荳翫?ょ調縺。繧?s鮠サ豈帑コ倶サカ縺ョ縺昴?蠕後?ゅ◎縺励※遘醍區縺ェ縺励?隨ャ54隧ア縲ゅ≠縺ィ蜊ー雎。逧?□縺」縺溘?縺ッ繝阪?繝?縺ァ闕サ荳翫→蝟ァ蝌ゥ縺励◆繧オ繧オ繝、繝ウ縺後Ζ繝悶?縺ィ莨夊ゥア縺励※縺?k蜀?ョケ縺九↑縲

  • 限定版に付いてきた薄い本の置き場所に困るけど買って損はなかった。

  • げんしけんのうち、私が唯一、限定版と通常版の両方をもっている巻。
    それだけ感慨深いしめくくりだった。
    主人公が世代交代しつつも、全体の青春を描いてきた傑作。
    んでそれを見届けた真の主人公は斑目なのです。

    まぁ、これで読み直しが完了。やっと10巻が読めます。

  • ああ~終わっちまった~。まだまだ読みたい。続き頼む!

  • 大学生活って、オタク・ライフって、めっちゃ面白いかも。

  • アニメが微妙な所で終わってしまいましたが、原作を読めば細かいネタも補完できます
    そして、石田さんの台詞がとっても増えたのを実感してください。特典CDは一度聞く価値あり!

  • 完結。<BR>
    ちゃんと終わったなー、という感想。主役は斑目ですよね。ね。<BR><BR>
    おまけの同人誌も、豪華すぎ。水橋かおりに吹いた。

  • 限定版同人誌付き。どう転がってもやっぱ面白かった。麦男×千尋成人向同人誌マダー?チンチン

  • 同人誌&ドラマCD付き

  • ついに最終巻
    特典が豪華でした・・・・。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年アフタヌーン四季賞にて、『点の領域』で四季賞を受賞してデビュー。1997年から『四年生』(全1巻)『五年生』(全5巻)を連載。2002年から2006年にかけて『げんしけん』(全9巻)を描き上げた。2006年からは『くじびき・アンバランス』(全2巻)の原作を担当(画・小梅けいと)。

「2017年 『新装版 げんしけん(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木尾士目の作品

ツイートする
×