マミちゃん(仮名)ばかりが、なぜモテる?

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 24
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063647808

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 柴門ふみが描く男女論。

    いつもながら鋭い考察で、とても勉強になった。

  • 暇つぶしには悪くないかな?というカンジです。

  • 話も面白いし、特に異論はないが、内容がなかった。201312

  • 小学生の時はマミちゃんだったかもしれぬ

  • 恋愛論エッセイ

  • ”同姓に嫌われれば嫌われるほど 異性に好かれる男女の不思議”とおっしゃいますけど、柴門さんほどの賢い女性でもこんなことを思っているんだなぁ、と。男性の目から見れば,マミちゃんがモテるのはあたりまえすぎ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1957年徳島県生まれ。お茶の水女子大学卒。79年漫画家デビュー。『東京ラブストーリー』『あすなろ白書』『同窓生 人は、三度、恋をする』『恋する母たち』など、著書多数。エッセイ集として『恋愛論』『大人の恋力』『そうだ、やっぱり愛なんだ』『老いては夫を従え』など多数。2016年、25年後の物語として描かれた『東京ラブストーリー  After 25 years』で柴門ふみブーム再燃。夫は弘兼憲史氏。

「2020年 『オトナのたしなみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴門ふみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
益田 ミリ
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×