映画「のだめカンタービレ 最終楽章」ノベライズ

  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063648256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「本当は、何度も思ったことがある。
    あいつは日本で好きにピアノを弾いてた時の方が、幸せだったんじゃないかって。
    プロの演奏家なんて、目指さない方が幸せなんじゃないかって。
    あいつが、辛そうにしてるのを見るたびに..... 何度も、何度も。
    いつまでも無理して辛い道を行かせなくても、
    あいつが本当に好きな道を選んで、俺はそれを受け入れて.....


    それでも、俺はやっぱり何度でも、あいつをあの舞台に連れていきたいと思うんだ。
    このピアノをきくたびに。」

    千秋のこのセリフには
    日本にいた頃から今に至るまで様々な苦難をそれこそ綱渡りのように乗り越えてきたのだめだったけど
    その根底にある一番多きな問題に対する独白だと思います。
    今までのすべてがこのセリフに凝縮されています。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ライター・ノベライザー

「2021年 『青天を衝け 二』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豊田美加の作品

映画「のだめカンタービレ 最終楽章」ノベライズを本棚に登録しているひと

ツイートする
×