気ままなアイツを飼いならせ (Honey Milk Comics)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :58
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063650310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ▼あらすじ

    自他共に認める高スペックなエリート・リーマン東雲。
    モロ好みの美人・環に一目惚れをするも、男だとわかり大ショック!!
    それでも好きな子をいじめちゃう小学生よろしく環に絡み続け…。
    天邪鬼な東雲の恋は如何に!?
    実はドMな俺様男×ノラネコ男子のラブコメディ☆
    コミックス特別描きおろし番外編も収録!!

    ***

    ★4.8
    丸々一冊表題作。
    前半は攻め視点、後半は受け視点でお話が進むので
    お互いの気持ちの変化などが分かりやすく、
    説得力のあるストーリーに仕上がってると思います。

    個人的には攻めの残念感が凄くツボでした。
    ナルシスト系の俺様キャラで、好きな子の前ほど素直になれない
    小学生のようなツンデレキャラなんですが、小姑並みにあれこれうるさく言いつつも
    しっかり受けの世話をするところと、実はマゾっ気があるという設定に萌えました(笑)
    (あと、エッチの時にマグロなのもツボでした笑)

    受けは騒がしい攻めと違って感情の起伏が少ないクールなキャラで、
    攻めに囲われながらも野良猫のようにフラフラと何処かへ行ってしまうのですが、
    そもそも彼がなぜ売りを始めたのかという説明は後半の受け視点の話で明かされるんですね。
    受けが背負っていた過去は思ってた以上に辛く切ないもので、
    読んでいて胸が締め付けられましたが、
    最後は売りをやめて真っ当な道に進んでくれて本当に良かったです。

    CPも好みでしたし、ストーリーも特に引っ掛かる事なく
    最後まで楽しく読めた作品ではあるのですが、
    強いて気になった点を挙げるとすればエロシーンが割とあっさりめだった事ですかね…。
    ちょっとだけ物足りなかったかな、と。ほんのちょっとですが。

    それでも最後のエロシーンは特に萌えましたし、
    そんなに気になるような点ではないのでこれはこれで特に問題ないかな。
    因みに最後のエロシーンはそれまでやられっぱなし攻めが頑張って攻めてて、
    でもやっぱり最後は受けにイかされるという攻めとしては情けない流れで萌えました(笑)
    ぴい先生の作品は「過剰妄想少年」と「パラダイムシフト」を読みましたが、
    今の所この作品が一番自分の好みに合っていたようで、お気に入りの一冊になりました。
    次の作品にも期待したいです(^^)

気ままなアイツを飼いならせ (Honey Milk Comics)のその他の作品

ぴいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする