彼女がいなくなった (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (17)
  • (27)
  • (54)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 323
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063654103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ろびこさんの初単行本。全部で6作品なのですが、全部面白かった♪個性的なキャラクターが出てくるのはこの頃からなんだな〜。デビュー作の絵は初々しく、だんだん上達して行っているのが分かりました!

  • 何、少女マンガ読んで、ドキドキしてるんだろう?

  • すげー! 本当に最初期短編集じゃん! (平成17年って何年!? ってなった)ノリがダサい! 絵がKUJIRAみたい!! いまのろびこ的要素は節々に感じ取れどもまだまだ薄い、ちょっと不思議なデザートコミック。独特の灰色トーンだけは、この頃から健在ですね。

  • 買った当時は「はつこいてんとうむし」と「なりきりごっこ。」が好きだったし、今でも好き。
    でも改めて読んだらラプンツェルも良かった!
    無意識に嫌な魔女にならないよう気をつけなきゃね。

    りこが働いてた店、ラプンツェルの店なのな!
    気づいてなかったー

    ろびこ漫画の女キャラの性格は作者から来てるんだなw
    オマケマンガ見て、きっとそうなんだろうなと思った笑

    こういう処女作見ると、皆徐々に絵が上手くなっていくんだなぁ~と改めて思うね。

  • あーおもしろかった!!

    どれも恋してる女のコ(と男の子)の話なんだけど

    バランスよくばらつきがあるというか
    飽きさせないというか…

    デビュー作もよい出来です。

    にじゅうまるをあげたい。

  • この手の少女漫画を久し振りに読んだわ。十代の恋愛って感じやね~。てんとう虫とデメ金の話が可愛かったかな。

  • ろびこさんの初期の短編集、今までありそうでなかったような...位の微妙なかんじのストーリーが好きです。

  • “「…だから 絵本の話。」
    「…でも それじゃあ 魔女が あんまりだよ
    娘と王子だけ 幸せになって 自分は1人ぼっち なんて」
    「いいんだよ それで
    だって 娘が幸せ なら 魔女は 幸せだったん だから
    それに そういう 魔女だったん なら
    そんな魔女が 好きだっていう 王子がいるかもね」”

    ろびこさんの一作目。ようやく読めた。
    二話目がすごくよかったなー。
    全てが演劇っていう。

    “「まっ でも いーじゃん? それでいま モモコが 楽しいんなら
    それに なにしてたって モモコは モモコだしなっ!」
    「――― ありがとう」
    「?」
    「そゆふーに いってくれたの リュウイチくんが 初めてだ!!」”

  • 才気煥発とはこのこと<br /><br /><br />最初の表題作から、最後のだっさい短編まで、異常な完成度。<br />とても新人とは思えない。<br />オチから逆算して作っているかのような綺麗なオチが用意されているのに、その仕掛けをまるで見せない巧みさも兼ね備えている。<br />「となりの怪物くん」に比べると絵は本当に荒削りだが、作りはしっかりしている。<br /><br />短編がこんなに上手いならこれに固執してもおかしくないのに、ちゃんと短編も面白いなんて、どれだけ才能があるんだ!<br />末おそろしい。

  • 雰囲気がなんともいえない。大好きです。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作『となりの怪物くん』は2012年テレビアニメ化され、2018年4月には実写映画も公開された。他に『ひみこい』『彼女がいなくなった』『ボーイ×ミーツ×ガール』などの作品がある。

「2019年 『僕と君の大切な話(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

彼女がいなくなった (KC デザート)のその他の作品

ろびこの作品

ツイートする