となりの怪物くん(5) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
4.32
  • (242)
  • (197)
  • (71)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 2110
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・マンガ (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063656138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏目ちゃんの過去編あり。あまりにも不憫ですね~(泣)
    可愛すぎる女の子っていうのも大変。本人には全くその気がなくても。
    女同士の嫉妬ほどイヤなものはないなぁ…。

    だから外見に無頓着な(自分にも他人にも)雫ちゃんがいて、
    夏目ちゃんは本当に救われただろうね。
    みっちゃんみたいな包容力ある男性が現れたら、私もきっと惚れる!

    ……でも好きなのはやっぱりヤマケン。好き。

  • もおおおお、ヤマケンが好きだ!←
    別にヤマケンがイケメンだとは言わないさ。
    しかしだな、彼は非常に魅力的だ…!(

  • 今一番好きな少女漫画!
    3巻辺りで中だるみを感じていたけど、ヤマケンくんと夏目さん効果で見事盛り返した感じ。
    買った後、我慢できず電車の中で読んでしまったのですが、思わずニヤニヤしてしまって、かなり怪しい人になってたと思います。
    もう! ちょっとしたエピソードがツボ過ぎて!!
    ギャグではなく(ギャグも面白いのですが)、恋愛シーンでニヤけてしまうなんて久しぶりだなぁ…。

    (涙ぐましいまでに)頑張ってるヤマケンくんばかりが目立って、ハルの活躍は少なめ…というか、シズグとの交流が少ないのかな。
    正直もの足りなさを感じましたが、ハルがシズクと“恋愛”していくためには、今のシズグにべったり依存した状態じゃ上手くいくはずないですもんね。
    次巻、成長したハルの活躍に期待!…です。
    もちろん、ヤマケンくんの道ならぬ恋、夏目さんの一直線な恋の行方も楽しみです。
    …ってか、夏目さんがめっちゃかわいい。

  • 今までのハルの「えー なんでそうなっちゃうの?」 というのが 説明されていて 色々すっきりしたような まだまだ波乱含みなような。

    とりあえず ヤマケンが かわい(そ)すぎる。

  • もーなんて面白いんだろう。ぷっと笑ってしまうところもたくさんあってホント面白い。夏目ちゃんは残念だったけど可愛かった。そしてヤマケン大活躍。かわいいしカッコいい。1泊雪山旅行も良かった。ハルがなんで雫を好きだと思うのかちゃんと理由あったんだ。スノボ始める時の悲しいお知らせうけた。今日彼は死にます!

  • 最初は、ふ~んという気持ちで読み始めたとなりの怪物くんでしたが、だんだん好きになってきました。
    とくに、シズクとハルの周りのキャラたちが絡み始めてからどんどん面白くなってる。画は相変わらず綺麗だしね!
    みっちゃんがヤスみたいで、頼りたくなる気持ち、わかるな~。

  • タイトル*となりの怪物くん5
    作者*ろびこ
    出版社*講談社

    「どうしてこんなにかみ合わない」
    たぶん何かがずれている。
    でも戻し方がわからない……

    ちゃんと人と向き合おうと変わり始めた水谷雫は、
    ついに、となりの席の超問題児・
    吉田春に再告白する。
    しかしハルは、雫に興味を示す
    友達・ヤマケンを意識しすぎて、
    それをまさかのスルー!
    全然かみ合わない2人だったけれど、
    夏目さんの恋が動き始めたことで…?

  • テレビアニメ化されていないエピソードは、ここかららしい。自然に次のエピソードが始まっていて、読みやすいです。

  • 夏目ちゃんかわいいなー!かわいいのにそこを武器にしないとこがいい
    ヤマケン報われろ!

  • 皆の恋模様、かわいくってドッキドキなんですけど。
    すんません、すべてヤマケンくんに持ってかれた。ハルにやっぱり好きだろうと問われ、「まあまあだ!」って言っちゃう彼が間抜けすぎて好きだ。普通にしてれば格好いいのにプライド高すぎるお馬鹿さん。そして迷子スキルが半端なさすぎる。
    この作品、おもしろい。

著者プロフィール

代表作『となりの怪物くん』は2012年テレビアニメ化され、2018年4月には実写映画も公開された。他に『ひみこい』『彼女がいなくなった』『ボーイ×ミーツ×ガール』などの作品がある。

「2019年 『僕と君の大切な話(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

となりの怪物くん(5) (KC デザート)のその他の作品

ろびこの作品

ツイートする