たいようのいえ(2) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
4.01
  • (78)
  • (85)
  • (61)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 1010
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063656336

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ラジカルさんが程よくひどい…。頑張ってほしいけど空海さんの居場所がなくなってしまう…というのはこの作品の主題ですね。今のところ幼い、狭い世界がすべてですが、優しい周りと独占欲とどう折り合いつけるのか、もしくはつけないのか、楽しみです。てか織田くん完全に余計なひとことだよね…。

  • 幼馴染みのお兄ちゃんと同居としている女子高生が、その幼馴染みに片想いをしていて、さらにそのお兄ちゃんに片想いしている(お兄ちゃんの)同僚と仲良くなって、という複雑だけど単純なラブコメ。ドロドロしているところが全くなくて、サッパリしているので読後感が良い。タアモさんの漫画ってこういうところがいいよね。現在、hontoストアで無料ダウンロードが可能(期間限定)。

  • 無料アプリ。
    勢いで基に好きって言ってしまった真魚だけど、困ってるのがわかるから冗談だった事にしてしまう。そんな中で携帯小説関連で知り合ったラジカルさんと友達になり恋バナをするようになる。ラジカルさんがまさか基の同僚で、基のことを好きとは。世間狭すぎ。今のところ嫌なタイプの人は出てきてないけどラジカルさんとの関係どうなってくのか楽しみ。基の弟の大樹と真魚のややおかしな趣味が合うところクスッと笑えて面白かった。とにかかいつもいつも自分の居場所を探し続けてる真魚。これからどう展開してくのかな。

  • *
    看完本集的感想是...請以領養代替購買(炸
    這樣好像正義魔人喔...orz

    是說女主生氣/激動時的姿體語言 超女性化
    會聯想到男性向的萌系女性角色...@@;;;

    會看這部是因為 ptt 不少人推薦(在男大女小的部分
    不過由於畫風~上班族男主看起來也像高中生就是@@;

    太陽之家01
    作者:TAAMO
    出版社:長鴻
    出版日:2011/11/24
    ISBN:4716814195479
    語言:中文繁體
    適讀年齡:全齡適讀
    定價:100 元

  • 今回もほろり。
    そして微妙に波乱含みでこれからも目を離せませんね。

  • はあ〜〜〜〜〜〜基〜〜〜〜〜〜

  • 真魚が基のことを好き!って気づく瞬間。自分の恋が始まったと思うと、実は自分の知らなかった身近なところで恋って動いてて、案外それがすごく自分との関係が深かったりして。真魚の恋が、いろんな人と絡み合ってこれからどうなっていくんだろう~な巻でした。
    それにしても、織田くんのあの、真っ直ぐに素直に真魚に「好きだ!」って言えるところかっこいい。

  • 真魚は無表情で一見分かりにくいけど、人の気持ちを思いやれるすごく優しい子で、それがわかる人は不器用な真魚を放っておけなくなっちゃうんでしょうね。
    熱出して不安なときはこんな風にそばにいて欲しいですね~
    真魚だけでなく、真魚の周りにもいろんな人の「好き」が溢れる巻でした。

  • 大樹がかなりいい味出してる。ちきしょう、キュンキュンするぜ!黒髪ロングでミニスカ&ニーハイって最強すきる。真魚可愛いー 基もかわいー

  • 第5〜8話収録。真魚が抱いている想いは恋じゃない。両親から愛情を注いでもらえなかったから、自分に優しくしてくれる基に惹かれてるだけ。基は家族が離れ離れになって表に出せない淋しさを、真魚で埋めているだけ。家族愛やん……。さて、ここで基の弟・大樹が登場。両親が居るなら真魚を帰すべき、というのが切なかった。ラジカル=杉本さんだとは!しかも同人誌を大量購入、基と同僚で妄想( ̄◇ ̄;)ガチのオタク、そして腐女子っぷり。その設定は許容範囲として、まーくん=伊達政宗や台詞に「w」などはあかん。注釈必須です。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「ベツコミ」(小学館)などで活躍の後、2010年より講談社「デザート」にて『たいようのいえ』(講談社刊)を連載開始。同作にて第38回講談社漫画賞少女部門を受賞。代表作はほかに『地球のおわりは恋のはじまり』(講談社刊)、『初恋ロケット』、『アシさん』(小学館刊)など多数。

「2020年 『あつもりくんのお嫁さん(←未定) (5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

タアモの作品

たいようのいえ(2) (KC デザート)を本棚に登録しているひと

ツイートする