たいようのいえ(3) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
4.11
  • (79)
  • (88)
  • (42)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 939
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063656510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 基と結婚したすぎてキレそう

  • この巻まで期間限定で無料。なかなか恥ずかしいラブコメしていて微笑ましい作品。続きも買おうかな~。全13巻なので迷うのだが。

  • なにが良かったって基が真魚に一瞬キスしそうになるところ。キュンキュンした。デートの次の日の朝、基に抱きついて寝てる真魚も可愛かった。真魚とちーちゃんの過去の思い出と本当の話するところもグッときた。やばかったな。大樹が夏休みで帰って来たところで終了。大樹は真魚の事どう思ってるんだろ?

  • ちょっとずつ読んでる。
    暗かったり切なかったりする展開もあるのにきゅんきゅんしてしまった。主人公かわいいし、父親以外みんないい人やし、絵もかわいい。
    距離感がじりじりしてる感じがたまらんかったぞ。

  • 重たいテーマなんですが、あえてさらっと読ませて、それでいて泣けるという…名作としかいいようがないですね。
    まだまだねじれそうな予感ですので目が離せません。

  • どんどん基が真魚に気持ちが傾いているような感じのする巻。
    でも、その一方で杉本さんも基にじわじわアピールをしていたり。織田君とのことでちーちゃんともいろいろ話せたり。真魚ががんばってお父さんと話そうとしていたり。
    真魚は、感情がうまく出せない分、すごく頭の中でぐるぐるしていてでも一生懸命自分で解決しようとするところが愛おしい。基もそんな気持ちなのかもしれない。
    そして、大樹が帰ってきたー!次巻は大樹の巻なのだろうか。ドキドキ。

  • お父さんとなんとか和解しようと頑張る真魚。
    彼女をささえようとする基と、同情はして欲しくないけど基と一緒にいたい真魚の複雑な気持ち。
    3巻でさらにラブフラグが立ち始めた感じです。

  • 慰めチューしようとする基がエロかっこよくてドキドキ。つか私が基だったらあんな親父は殴ってる。真魚がグレなかったのが奇跡だな。

  • 真魚のお父さんはなにを考えているのか、何を思っているのか…。やっぱり家族と会話をすることは大切だと思います。真魚とちーちゃんの関係がすごく羨ましい。全部を話せるような友達、自分もできるといいです。基が真魚への思いを抑えているところがまた、きゅんきゅんなのです。

  • 読んでいて胸が苦しい。
    でも真魚と基のやりとりが可愛くて仕方ない。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「ベツコミ」(小学館)などで活躍の後、2010年より講談社「デザート」にて『たいようのいえ』(講談社刊)を連載開始。同作にて第38回講談社漫画賞少女部門を受賞。代表作はほかに『地球のおわりは恋のはじまり』(講談社刊)、『初恋ロケット』、『アシさん』(小学館刊)など多数。

「2020年 『あつもりくんのお嫁さん(←未定) (5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

タアモの作品

たいようのいえ(3) (KC デザート)を本棚に登録しているひと

ツイートする