となりの怪物くん(13) <完> (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
4.38
  • (145)
  • (101)
  • (31)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 1148
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063657555

作品紹介・あらすじ

「時間は降り積もる。誰にも同じように──。」不器用ながらも、お互いを理解し、尊重し合って新しい一歩を踏み出した水谷雫と吉田春。その2人以外にも、みんな葛藤しながらそれぞれの一歩を踏み出そうとしていて…!?大人気青春ラブストーリー、その後の日々を描いた番外編がつながっていく、本当の完結巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きです。
    大島さん。
    ずっとあなたに
    恋をしていました。

    12巻でキッチリ完結しての番外編の13巻です。脇キャラが全員濃いのて、全てが宝石箱エピソード。私はヤマケン君、娘は優山さんが好きです。

  • 夏目さんと佐々原がくっついてひとまず安心
    隆也がカッコよくなってて感動
    雫と春の結婚式も感動的だった

  • 番外編にして最終巻。最終巻なんだけど…巻末の次回作予告ぅ(^q^)まじかって喜んだ私の小さいカッコ内の注意書きに気付いた時のやりきれなさといったら…。いいじゃんやろうよ『となりの怪物くんR』…。良い男に育ったヤマケンにもっと会いたい…。いや、ほんと。ヤマケンは良い男になった…( ˘ω˘ )さて、番外編本編はササヤンとあさ子、伊代の恋、優山のこと、それから隆也の恋と雫と春の結婚式で締めてて色々すっきりした。

  • 友達出来ない系の子たちがこんなに集まって、皆好き勝手にわちゃわちゃやってるのが可愛くってたまらない!
    人様から借りて読んでいたけど、最後のさいごまで皆して可愛くって素敵な本なので、今度絶対全部集めちゃおう!って心に誓っちゃうぜ!

    皆して変わり者で、一歩「普通」からはみ出しているんだけど、なんだかとっても自由に生きている感じが楽しそうで好きだなぁ。すきだなぁ。
    一歩はみ出してる分、あれこれと悩んだりもやもやしたりしているんだけど、それもなんだか青春ぽくてくすぐったいし可愛いし、もうとにかく皆して可愛いから全員むぎゅむぎゅ抱きしめたい!
    夏目ちゃんの「しゃらっくせぇんですよっ」が大好きですv

  • ササヤンくんと夏目ちゃんがむっちゃ気になってたんですが、やっぱりかわいいですね~(^^)
    懐かしいみなさんの成長が見えて、楽しかったです。
    優山さんは髪すっきりしてカッコ良かったです(笑)

    最後はやっぱり夏目ちゃんが笑わせてくれました♪

  • 全巻読了。

    嘘予告のエピソードも読んでみたい。

  • 大島さんが沢山出てきて嬉しいけれど、彼氏持ちとかいかん。
    隆也ならまだ許せるけども。

  • 大島さんと隆也はどうなるのかな(*´ω`*)
    いや~年下ずるい笑

    ササヤンと夏目ちゃん上手くいってるようで嬉しい(o´艸`o)

    終わってしまって寂しいね。

  • 番外編だからと侮ってはいけないな、と思わされる1冊だった。表紙にも納得。それぞれのその後だったり、あの頃の裏側だったりすごく楽しめた。私が個人的にすごくキューーーンとしたのは隆也と大島さん。隆也最高に良すぎないか?びっくりした。年下男子バカにしちゃいけないわ。もう遅いけど。春と雫の結婚式が見れたのがなんかすごく嬉しかった。

  • 気になって完結まで一気読み。
    私は一心に思ってくれるヤマケン君が好きだったのですが、最初の印象は悪くっても、どんどんと成長してく彼がかっこよくてかわいかった。でも雫のお家事情ももうちょっと読みたかった気もします。

全78件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作『となりの怪物くん』は2012年テレビアニメ化され、2018年4月には実写映画も公開された。他に『ひみこい』『彼女がいなくなった』『ボーイ×ミーツ×ガール』などの作品がある。

「2019年 『僕と君の大切な話(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

となりの怪物くん(13) <完> (KC デザート)のその他の作品

ろびこの作品

となりの怪物くん(13) <完> (KC デザート)を本棚に登録しているひと

ツイートする