僕と君の大切な話(1) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
4.14
  • (54)
  • (60)
  • (27)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 614
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063658569

作品紹介・あらすじ

同じ学年の東くんに片想いをしてきた相沢のぞみ。ある日、勇気を出して帰りの駅で声をかけて告白!だけど、東くんの返事は超予想外の言葉だった…!!なかなかかみあわない不器用な2人だけれども、会話を続けるうちに、次第に距離は縮まりはじめ? 2人のすれ違いに笑いと共感とニヤニヤの嵐!天然ストーカー女子相沢さん×ツンデレ眼鏡男子東くんの新感覚“トーキング”ラブコメディー、開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 真面目っ子ええのぉ

  • ちょっと何これ。
    いつもは読み終わるまで感想書くの我慢するんだけど、ムリ。無理無理。

    引用したいセリフが多すぎて収集付かない。一体どうすれば…。

    とりあえず最後まで読んで、2巻に進みます、ハイ。

    (追記)
    読み終わりましたけど…。いやあもう、しばらくの間、ろびこ先生の新作が出たら、何も見ずに黙って買うことにします。大事に読まないと待たされちゃうから、続きはゆっくり読まないと。でも、我慢できるか自信がないっ!

  • 声を出して笑った、セリフ選びが秀逸なろびこ先生の最新作。いやあ前作もだけどこういうどこか冷めてるのにやたらめったらツッコミどころがある男女を書かせたらろびこ先生は少女マンガ家イチの腕前じゃないかと。特に「東君は実は女子に人気がある」「相沢さんは実は美人」っていうキラキラ設定なのにそうは見えないどこか残念さが漂う二人が恋心に気づかずただ駅のベンチで話すだけ。なにか劇的なことが起こるわけでもない、なのになんでこんなに面白いんだ。特に恋愛漫画の構成を冷静に分析する東君に爆笑した。東くんのことが私も好きです。

  • 言葉は噛み合ってないけど、気持ちはあってるというのか、
    微妙な会話が面白い。東くんはじめ登場する男子は毛並みのいい文武両道なイケメンとかでなくヘンなのが多いし、女子も少女漫画のステロタイプが今のところいないのが、自分の知ってた少女漫画と違ってて面白い。2巻も期待。

  • 男の言い分、女の言い分。
    勢いがあって面白い。
    進展なさそうなキャラなのにじわじわといい感じになってるのがいい。
    東くんめんどくさいキャラでいいなー

  • 〇ただのラブコメコミックではない、ずっと駅のホームで繰り広げられるし登場人物には事欠かない、でも面白い
    平和台高校に通う相澤のぞみは、2年4組の東司郎のことが好きで、突然へいわ台駅のホームで告白した!???
    そんな衝撃なスタートから始まる1話。
    読書好きで女の子に奥手な東は、突然の相澤の登場に動揺するものの、そんな驚きは慣れたものだそうで、うまく交わそうとする。
    しかしそれでもなお執拗に話しかける相澤に、少しずつ東は心を開き始めるが…!衝撃の終わりだった2話。

    読み進めてみると、いや、結構面白いですよ?
    本の裏の紹介文で「トーキングラブコメディ」と書いてある通り、駅のホームでのトークが大半を占める中で、彼らの高校生活の一端が垣間見える中でその東くんや相澤さんの謎の行動・言動はそれだけで物語を盛り上げています。グダグダしゃべっているだけと言えばそれまでですが、東くんがいろいろと理論的に攻めてくるのに対して、相澤さんが愚直な感情のある返しをするのでそれによってお互いの仲がどんどん深まるという構図が面白い。

    4話では東君の友人・カフェインが、5話では東君と同じクラスの女子3人衆が、6話では東君にお近づきになりたい環君を相澤さんが連れてくる、と登場人物も個性的で話題には事欠かない。

    東が毎回読んでいる本が変わるのも見どころ。難しい本から女子に勧められたマンガ雑誌まで、なかなか幅広い。どのペースで読んだらそんなに難しい本を消化できるのか、は少し疑問というか気になる。

    2巻の展開はサイドの登場人物が充実するようなのでますます楽しみなコミックです!

  • 2人がつむぐどうしょうもない話も大切なひとことも、どれも聞き逃さないように書き綴られる、怪物くんは素晴らしかったですがこちらも素晴らしくなること間違いなし。ロビコ先生は素敵だ。

  • 『となりの怪物くん』でも主人公たちの感情の描写が繊細で、もどかしいけど共感できて好きだったのですが、本作では男女の感覚の違いがより的確に描写されていて共感できました。感情や例はリアリティなんだけど、どこかおかしくて、リアリティすぎて気持ち悪いということもなく、ふわふわとした気持ちになれるところも好きです。
    男と女は異星人という言葉や、好きな男の子のすね毛を見て男性らしさに引いてしまう気持ち、すごく共感できました…!

  • ろびこ先生の新作待ってました!
    男とは女とは…掛け合いが楽しい。内容にも大体同意する。女は共感を求める生き物なのです。
    2巻以降は新しいキャラクターも出て来るかな

  • いやー、おもしろい。
    高校生が主人公なのに、ストーリーが進むのは駅のホーム。しかも、ほとんど二人しか出てこない。しかし、この二人の会話が面白い!これ、2巻もこんな感じで進むのかな。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作『となりの怪物くん』は2012年テレビアニメ化され、2018年4月には実写映画も公開された。他に『ひみこい』『彼女がいなくなった』『ボーイ×ミーツ×ガール』などの作品がある。

「2018年 『僕と君の大切な話(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕と君の大切な話(1) (KC デザート)のその他の作品

ろびこの作品

僕と君の大切な話(1) (KC デザート)を本棚に登録しているひと

ツイートする