MARS ―マース―(1) (講談社漫画文庫)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (34)
  • (28)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 222
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063703559

作品紹介・あらすじ

MARS、それは凄絶の闇に光をかかげる、戦いの神の名――。
たったひとりしかいないだれかが、どこかにいる――。周囲から孤立した少女キラと刹那的に生きる樫野零。残酷で孤独な闇のなか、戦いの神(MARS)が引き寄せた魂たちは出会い、光を求め走り始めた・・・!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「MARS~ただ、君を愛してる~」
    日本テレビ 日曜24:55
    出演:藤ヶ谷太輔、窪田正孝、飯豊まりえ、山崎紘菜
    http://www.ntv.co.jp/mars/

  • お互いトラウマを抱える男女のラブストーリー。文句なしに惣領冬実の傑作。

  • 映画化もされ…男同士のキスシーンとかあったっけ??なん巻かわかんないけど工場夜景にバイクでいくシーン好きだったな…
    これ、結末読んでないんだよね~

  • すごく久しぶりによんだけど、とても面白い。
    連載当時は小学生くらいだったので、レースのこと、神経のことなど理解できていなかったと思う。
    樫野くんの無邪気さが怖い。
    続きが楽しみ。

  •  ドラマ化されたので、原作をものすごく久しぶりに読んでみた。というのも、窪田正孝演ずる人物がどんなキャラだったか丸っきり思い出せなかったからだ。
     いやはや、こんな壮絶な物語だったっけね。主要キャラそれぞれの表面的な人物造形はベタベタ少女漫画の王道をなぞっているというのに、彼らひとりひとりが抱えているトラウマや問題点が山岸凉子作品なみに重苦しくて、テレビドラマには不向き。ジャニ男主演のドラマではおそらくかなり設定変更が加えられることだろう。くだんの役柄に窪田正孝がキャスティングされたのも納得。
     この物語も、ベースには源氏物語的な「親子の葛藤」「兄弟の愛憎」がある。キラちゃんのストーリーは紫の上視点の源氏物語といえなくもないし。千年前に源氏物語を書いた日本人女性作家ってつくづく偉大だ!!

  • 初めて読んだ時、まだ中学生だったと思うけれどすごくすごくのめり込んだ。特にふたりが仲良くなっていく過程とか。今もすごく好き。

  •  惣領冬実さんの作品、ということで読んでみた。
     この御方の作品って読ませるなあ、って。毎回、思います。

  • 主人公に、魅了され・・・何度読み返しても、飽きる事無い作品。
    ストーリーは勿論、絵が本当に美しい。

  • それぞれのキャラクターにある個性を大事にしているのが分かる
    全体的に見て、内容は重いはずなのに、次に登場人物たちがどの様な選択を取るのかが楽しみで、一気に読める

    漫画でシリアスな話はあまり好きではないが、これは最終巻まで読むことができた

  • めちゃめちゃよかったです!!!
    人の感情の大切さ、、、もう心にしみます。
    今の時期によんでよかった!!!

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。1982年「別冊少女コミック」でデビュー。『ボーイフレンド』で第33回小学館漫画賞を受賞。現在、「モーニング」にて、『チェーザレ~破壊の創造者~」を連載中。

「2016年 『マリー・アントワネットの嘘』 で使われていた紹介文から引用しています。」

惣領冬実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

MARS ―マース―(1) (講談社漫画文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする