C.M.B.森羅博物館の事件目録(1) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (20)
  • (37)
  • (51)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 331
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063710328

作品紹介・あらすじ

魅力的な謎と緻密なロジック、そして躍動するキャラクター! 絢爛たるネオ・ミステリ登場!! CMBと刻まれた“3つの指輪”は「知の守護者」の証――神からの謎掛けに挑む!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何かを得る為には対価が必要です、みたいな感じ?(笑)Q.E.Dも好きだけどこっちも好きだな〜v 森羅が無邪気でよい^^

  •  『Q.E.D-証明終了-』を連載中の加藤元浩先生の新連載。世間知らずの博物館館長の森羅と、名門高校に通う立樹のお話です。
     個人的には、1巻目は割とお試し・様子見的な巻だと思っているので…早く次出ないかなぁ〜って感じです。

  • 博物館と推理物って組み合わせがグッド!
    ストーリーの内容もしっかりしていて面白いです。
    マイミュージアム持ってみたいね♪

  • 設定はQ.E.Dと似ている点もあるけれど、謎の性質で理系文系の描き分けをされてるのかな?
    どちらも面白い。
    Q.E.Dと並行して連載なんて驚き。

  • こういう系好き。
    これで絵が上手かったら言うことないのに。

  • 既刊16巻

  • C.M.B。博物館。Wunder Kammer。
    加藤元浩先生の作品はどれも面白くハズレがない。

  • 「Q.E.D」の作者が描いているということで読みましたが、わたしには内容が学術的なこちらのほうが分かりやすくて、好み(美術や自然、考古学など、博物学ネタが文系にはありがたいのだ)。
    こちらは森羅と立樹のコンビ。天才少年とじゃじゃ馬娘の組み合わせという点は「Q.E.D」と似ていますが、段々と二人のポジションが安定してきて、今や微笑ましい感じです。森羅は頭脳明晰で知識が膨大だけど、精神的には幼さを残しているので、時には慰めたり叱ったりしてサポートする立樹ちゃんがお母さんみたい(笑)。

  • 加藤さんの本は、QEDも面白いけど、あえてこちらで! 森羅で!
    森羅くんかわいいですv
    七瀬さんも大好きv
    ミステリが好きな方なら気に入る本だと思います。

    ・・・しかし七瀬さん、お嬢様だったのに、お嬢様気取ってたのに、あれどこいったの・・・(笑)

  • 超マイペースで素直な主人公がいい。
    それにしてもこの作者は、強い女の子が好きなのかwww

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1997年から「マガジンGREAT」で『Q.E.D.-証明終了-』を、並行して2005年から「月刊少年マガジン」で『C.M.B.森羅博物館の事件目録』を連載。2015年4月発売「マガジンR」1号より『Q.E.D. iff―証明終了―』連載開始。2009年、第33回講談社漫画賞少年部門を受賞。

「2022年 『Q.E.D.iff -証明終了-(23)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤元浩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×