ましろのおと(4) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.96
  • (96)
  • (168)
  • (92)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 1280
感想 : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063712988

作品紹介・あらすじ

「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!
少女漫画界を牽引し続ける作家、羅川真里茂が次に飛び込んだフィールドは少年漫画。テーマは『津軽三味線』。「ずっと描きたかったテーマ」と羅川真里茂が語る、壮大な“自らの音を探す旅”がここに幕を開ける。貴方の音もきっと見つかる。

津軽三味線甲子園「松吾郎杯」に向けて切磋琢磨する愛好会の面々。指導者・大俵先生の発案により“夏合宿”に向かうことに‥‥松吾郎杯まで残り僅かな時間の中、それぞれの課題を克服できるのか!? 雪の団体戦への出場を知り全国の猛者たちも動き出す!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ねぶた祭り見たい〜
    東北弁が習いたい

  • 大会に向けて盛り上がってきた三味線愛好会の面々。一心に打ち込んでる姿がとてもいい。
    鈴音の店主、大俵さんも面白い人で好き。
    でも一番可愛かったのはちょっとすね気味の若菜ちゃん。

    次巻は遂に津軽三味線甲子園開幕。今から楽しみ♪

  • コミック

  • すごい人たちの行動が、周囲の人をも巻き込んで
    大きな動きを見せ始める流れに胸が熱くなります。
    大きな大会が近づく、そこへ向かう高揚感!(≧▽≦)
    女子率が割と高いにも関わらず、
    意外に前面に出てなかった「恋愛」方面も
    徐々に動きがありそうな予兆も…。
    この先、誰が誰とどうなるのかな!?

  • ここまで一気読みでした。
    次巻はいよいよ津軽三味線甲子園開幕…なのに、いきつけの店には5巻だけがなく…。辛抱たまらず、飛ばし読み始めました。

  • 男は黙って〇〇…なんて古臭いと言われそうな昨今だが、雪のぶっきら棒&朴訥&マイペースって実は最強なんじゃ…本人は黙ってるだけなのに、周囲がいい方に考えてくれる、何も考えてなさそうできっと色んなことが分かってるんだ、感じてるんだ、と言う具合に、勝手に想像してくれる、と言うのは最大級の武器だな。ジゴロと結が言うのは実に的を得ている(笑)

  • いかん。津軽三味線、まじで聞きたくなった。誰かオススメ教えて。津軽三味線のルーツもソウル・ミュージックそのものでねえか。津軽弁にも悶える。

  • 出てくる女の人がみんなヒステリックで疲れる。さくらちゃんが唯一の癒し……。ユナさーん

  • やっと前を見だした雪。母親も大会なんて作ってしまってまぁ♪

  • 726.1 ラ (4) 登録番号10263

全80件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

羅川真里茂 青森県出身 代表作に『赤ちゃんと僕』、『しゃにむにGO』など。現在は月刊少年マガジンで『ましろのおと』を連載中。

「2022年 『ましろのおと(31)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

羅川真里茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×