修羅の門 第弐門(5) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (9)
  • (25)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 304
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063713251

作品紹介・あらすじ

ヴァーリ・トゥード決勝を終え、ケンシン・マエダと戦うために、南米のジャングルに姿を消した陸奥九十九。三年半ぶりに姿を見せた修羅は、ケンシン戦の記憶を失い「壊れて」しまっていた。だが、それでも「兵」九陣でRWFミドル級王者・宮本翔馬を倒し。
続く十陣で毅波秀明を「虎砲」の一撃で破った。次戦は皇帝を破った男、「巨人兵」ルゥ・フォン・シェン!!

ヴァーリ・トゥード決勝を終え、ケンシン・マエダと戦うために、南米のジャングルに姿を消した陸奥九十九。三年半ぶりに姿を見せた修羅は、ケンシン戦の記憶を失い「壊れて」しまっていた。だが、それでも「兵」九陣でRWFミドル級王者・宮本翔馬を倒し。続く十陣で毅波秀明を「虎砲」の一撃で破った。次戦は皇帝を破った男、「巨人兵」ルゥ・フォン・シェン!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 剛体術が種…
    イマイチ戦慄や危機感を感じない物語にちょっと不満です。

  • ルゥ・フォン・シェンがストーリー的には噛ませ犬になるんじゃないかとかは置いといて。
    壊れた九十九という演出が面白いね!。

  • 九十九vs呂布(じゃなくてルゥ・フォン・シェン)発勁の正体見たり!の巻

  • 「陸奥九十九」君は発勁の謎を解きながら「ルウ」さんとバトル!
    つか、
    謎解けてる?
    解けたところで強いのは変わらずパワーバトル!
    勝敗は6巻へ!

    発勁。
    がんばれば現実的にできるのかしら?!

  • 久々の圓明流的新技☆

  • 出版ペース早い。
    本屋に行くといつの間にか出てるw

  •  三角絞めから立ちがある呂布がすごい印象的な巻でした。壊れてるからこそ勝てるのか?はやく答えを知りたいです。

  • 陸奥の修羅に興奮します。

    小説に負けない大好きな漫画です!

  • ストーリーが見えない。もう5巻なのに。故意だと思うんだけど。

  • あれは、刃牙だったか。
    思い出せないが、ともあれ何処かで観たことのある理由。
    そのせいか、「おお!」と驚くほどの仕掛けではなかったが、全体的にはまあまあ面白い。

    戦闘だしね。

    さあいよいよ次巻は九十九が、魅せてくれるのかな?!、ってところで終わる。


    四門の残りがいつか開くと信じて、読み続ける。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

8月17日生まれ。広島県三原市出身。1985年、『パラダイス学園』でデビュー、代表作に『修羅の門』『修羅の門 第弐門』『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』『海皇紀』がある。1990年、『修羅の門』で第14回講談社漫画賞受賞。趣味は草野球。現在月刊少年マガジンで『龍帥の翼 史記・留侯世家異伝』を連載中

「2018年 『修羅の門 目覚めた闘鬼編 アンコール刊行!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

修羅の門 第弐門(5) (講談社コミックス月刊マガジン)のその他の作品

川原正敏の作品

修羅の門 第弐門(5) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に登録しているひと

ツイートする