ノラガミ(4) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
4.01
  • (65)
  • (88)
  • (50)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 923
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063713367

作品紹介・あらすじ

禊によって心の澱を落とした雪音は、白銀の剣と化す神器として輝きを見せ始める。だが、人の死角──生死の狭間に棲まう者の宿命が…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毘沙門天様のサービスショット満載!たまらん!


    絵がきれいなのはもちろん、お話の組み立て方も大好きです。
    大好物です。
    ガツガツ@とばしている夜トくんとか

    さりげに残酷なストーリーなとことか。


    父様って、夜トくんなパパンだろうか。
    もしかしてもしかしてスからはじまる神様だったらどうしよう
    ドキドキするよ。

    次巻も楽しみでござるぅぅぅ

  • 毘沙門編スタート。

  • どうする、毘沙門天。

  • 雪音くんが改心した。
    ひよりに忘れられたくない雪音くんがすごくかわいいな。
    無視するけど付きまとう夜トも面白い。
    毘沙門様と兆麻、陸巴の策略にはまらないでほしい。

  • 禊によって絆を深めた夜トと雪音。その一方で、野良の暗躍により毘沙門と神器の間では不和が生まれていた。毘沙門を脅す小福かっこいいです^^

  • びしゃあ編に入りました。
    表紙の小福さんかわいすぎるー!
    アニメでやってないとこ突入だったし、このあたりからノンストップな気配はしてたよ……

  • 夜ト様素敵ですし雪音くんかわいかったです。鈴巴くんとの話がせつなかったです。

  • たくさんの神器に囲まれ華やかに見える毘沙門一派の陰の部分が描かれている。神と神器は深い絆で結ばれているが、それ故に孤独…悲しい。
    神器達を引っ掻き回している陸巴って何なんだ。神器も元は人間だから、神に仕えようともいろいろな奴がいるということだろうか。毘沙門、安易に神器に取り立てすぎ。

  • 神器としての一度死んだ存在として、人の記憶に残らない、すぐに忘れられてしまうという事実が切なかった。自分の存在価値を否定され死んでしまった毘沙門天の神器。そしてそれを促した陸巴。優し過ぎるが故多くの神器を抱え苦悩する毘沙門天など今後も目が離せない展開。

  • 雪音がものすごく素直ないいこになっていてびびりました。
    夜トの父親って一体…

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「月刊少年マガジン」『アライブ-最終進化的少年-』(原作:河島正)でデビュー。現在『ノラガミ』を連載中。

「2018年 『新装版 アライブ 最終進化的少年(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ノラガミ(4) (講談社コミックス月刊マガジン)のその他の作品

あだちとかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ノラガミ(4) (講談社コミックス月刊マガジン)を本棚に登録しているひと

ツイートする