稗田のモノ語り 魔障ヶ岳 妖怪ハンター (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.73
  • (30)
  • (24)
  • (56)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 238
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063720600

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 稗田礼二郎シリーズ

  • これも息の長い妖怪ハンター新作です。<br>
    面白いのはこうなると当たり前で、それよりも、小説雑誌に掲載、ってパターンが気になります。夢幻紳士の新作なんかもそうなんですが、、関連あるのかな?伝奇漫画ってのはそれ自体が妖怪めいたところがあるってのが自説でして、とにかくスキマとか暗がりを渡りあるいては、細く、長く生き続ける。。どうも日の当たるとこはだめなようで、日のあたるとこに踊りでた宗像先生なんかは苦戦しとります。またどこかで読めることを期待しつつ。<br>
    :一時のアフタヌーンなんかどこ開いても妖怪ばかりで、これを仕掛けた編集者こそ妖怪なんじゃないかと思ったりもしました。いるんじゃないの、編集妖怪。

  • 天狗の宝具を巡る、5人の人間の数奇な運命を描く群像連作短編という、稗田シリーズとしてはちょっと毛色の変わった、そして凝った構成になっている。
    ここ最近。。。といっても10年来の稗田シリーズが「異端の仮説」をテーマに据えた、重厚な作品が多かった。が、本作ではサブタイトルに「妖怪ハンター」とある通り、怪異譚としての面白さに重点をおいた、原点回帰を果たしている。

  • 稗田先生、久々の大活躍。近刊では傍観者っぽい役どころが多かったもんなぁ…。
    サブキャラの教ちゃんは是非是非再登場して欲しいっす。入信します(嘘)

全19件中 11 - 19件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2019年 『漫画家と猫 Vol.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稗田のモノ語り 魔障ヶ岳 妖怪ハンター (KCデラックス)のその他の作品

諸星大二郎の作品

ツイートする