感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫モノアンソロジーです。執筆陣がなかなか豪華。小林賢太郎と小田扉、とりのなん子がお目当てで手を出しました。それそれのカラーが出ていて満足。他にも「プーねこベスト20」はいい企画ですね。第1位はやっぱりアレか……。

  • \105

  • 色んな漫画家さん達の猫漫画が大集結!マイケルも載ってます。すごい。

  • 猫好きの方のための本!

  • ネコがテーマの猫漫画。
    表紙にも登場のチーズちゃんが可愛いの一言!

  • こんな猫マンガを待っていた。
    NO CAT,NO lIFE!!

全20件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

いくえみ綾(いくえみ りょう)
1964年生まれ、北海道名寄市出身。ペンネームは、くらもちふさこ作品『小さな炎』『白いアイドル』『糸のきらめき』三作、各登場人物の名前に由来する。
1979年、14歳のとき『別冊マーガレット』「マギー」でデビュー。2000年『バラ色の明日』で第46回小学館漫画賞、2009年『潔く柔く』で第33回講談社漫画賞少女部門を受賞。
代表作はのきなみ映画・ドラマ化されている。実写映画化された作品として、2013年に長澤まさみ・岡田将生主演の『潔く柔く』、2018年に小瀧望(ジャニーズWEST)と黒島結菜主演の『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』。テレビドラマ化された作品としては『あなたのことはそれほど』があり、2017年ドラマ化。内容と、主演の波瑠、助演の東出昌大が高い評価を受けた。
愛猫家としても知られ、コミックエッセイ作も描く。『彼の手も声も』における青い水着・白のタンクトップのワンカットが、渡辺満里奈の写真集の衣装をモデルにしていたことで話題になった。

猫本(NEKO-MOTO) (KCデラックス)のその他の作品

猫本 (講談社 Mook) コミック 猫本 (講談社 Mook) いくえみ綾

いくえみ綾の作品

ツイートする