×××HOLiC(11) (KCDX)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (184)
  • (136)
  • (425)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 2334
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063722826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第11巻では、名前について、百目鬼に渡される卵、家が怖い少女、引き続き小羽ちゃんのエピソード。
    他の世界ではまた選択が為され、四月一日にも異変が起こる。

  • さくらが送ってきた卵とそれから産まれた蒲公英と家が怖い女の子の話とわたぬきが編んだ手袋の話。

    最初読んだ時は女の子の方が幽霊とは思わなかった。
    鈴を鳴らす事で幽霊の自分を家の人にアピールして祓ってもらうのか…。
    死んだのに気付かないってのが切ないな。
    ちゃんと祓ってもらって死んだ事に気付けただろうか。

    多分ツバサクロニクルの話と連動させてるんだろうけど、読んでないから詳しい所はわかんない。
    ツバサクロニクルの黒幕がさくらや小狼メンバーを唆して自分の目的を果たそうとしてて、それがホリック世界にも影響して…って事かな。

    とりあえず、顔真っ赤にするわたぬきかわいい(笑)

  •  なまえはだいじである。相手を思い遣って名づけるモノであるから。
     ナマエはそのヒト自身をアラワス。

  • xxxHOLiC11
    レンタル

  • なんかいよいよおおごとになってきたかんじ。
    ひまわりちゃんと四月一日の表情が、ひまわりちゃんの秘密が明らかになる前と比べて、なんだか少しだけ違うようで、その描き分けが流石だなって思った。
    百目鬼君は言うまでもなくいつもの安定したポーカーフェイス。
    それにしても座敷童ちゃんかわいいなぁー!さりげなく四月一日がプレゼントした髪留めをつけてて、そこがまたさらに可愛かった。

  • 四月一日、ひまわりちゃんの鳥と管狐の名付け親になる
    四月一日の学校の一年生が店に来る
    狐の少年のお礼

    座敷童ちゃんかわいい。プレゼントのピン付けてる!かわいい!!
    雨童女ちゃん容赦なし…かわいいなぁもう。
    そして、ひまわりちゃん!!ここからますますかわいくなるんだよね!ひまわりちゃん!!!
    3人組がますます仲良くなって、ひまわりちゃんの天然ぶりにも磨きがかかるのw

    四月一日やっと言えたねーーー!「ありがとう」何巻越し?いろいろこもった「ありがとう」なんだろうな。かわいい。

    「君が今、ここにいる それが 一番の礼だよ」

    手袋を喜ぶ子狐すごくかわいい。百目鬼ww手袋うらやましかったのw催促すんなしwww

    「未来はそれぞれの選択の先にある」

    全員分の手袋作っちゃう四月一日すごい。百目鬼すごくうれしそうwミトンはねーよwww

  • 2010.12.14

  • ツバサとのからみが!気になることがいっぱいになってきた。

  • ひまわりちゃんの笑顔が同じに見えてやっぱりちょっと違って見えて。
    その違いが絶妙な感じで上手いなぁと思います。

    にしても、恋を知った座敷童が声変わりして大人になっていく、というエピソードがグッときました。
    たまりません…!

  •  「×××HOLiC」の続き。
     アニメになってたのは、ほぼ10巻までの内容で、この後は「ツバサ」とのシンクロが高くなっているので、ツバサ読んだことない私は、ある意味おいてけぼり…。
     ま、いいさ。
     この世は見えてるいるものが全てではなく、別の世界もまたあると、四月一日のようにすんなりと受け入れるだけだ。

     にしても四月一日、なかなか切ないのぉ。
     侑子と知り合い、沢山の経験を通して、変わって行ったのに彼の存在理由が揺らぐ。ただ、自分が消えることは、誰が悲しむこと、命はつながっていることはすごくわかっているのに。

     基本的に、いい子なのでとっても思い入れしてしまうのであるww
     小羽ちゃんをかばうため、彼女の母親からの暴力受け入れるあたりは、切なくてうるうるしてしまった。ついでに、小羽ちゃんの名前の由来あたりで、決壊。
     小羽ちゃんもいい子だ。お母さんのために「先に自分が幸せになって待っている」って、どんだけ悟ってるんだ。

     ともあれ、続きが気になる「×××HOLiC」なのである。

全69件中 11 - 20件を表示

×××HOLiC(11) (KCDX)のその他の作品

CLAMPの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする