伝説のサスペンス&ホラー ~ベスト・オブ・恐怖傑作選~ 血の章 (KCデラックス)

  • 講談社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063723281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ホラー漫画アンソロジー。
    涼を求めて方向性を間違えてしまう自分……(泣)
    大体、金払って損したって思うことの方が多いんだけど(トホホ)
    しかし、犬木先生は抜群の安定感(ってか、この話、既読だった気が……)
    ビックリしたのは日野日出志作品。
    目次で名前を見た瞬間、またドロドロ迷宮系かと、ちょっとげんなりしたけど、
    ゴメンナサイ、この「人魚残影」は佳品でした。
    っていうか綺麗なメルヘンです。
    いい意味で裏切られてホロッとしてしまった。

  • 最初の2本、犬木加奈子先生は絵柄、
    関よしみ先生の内容のインパクトが強すぎて
    他の作品が霞んで見えてしまった印象。
    個人的にお二方が好きなのもあるんでしょうが。

    特に関先生の予知夢が現実になってしまう話。
    ありがちなネタだけど関さんが描くとこうもキツイものかと。

    日野先生がおまけ程度の頁数だったので残念。
    「サーカス奇譚」で同じような話があったような…

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大学卒業後、会社員として働いていたが、自作の同人誌をきっかけに1987年、『少女フレンド』(講談社)より「おるすばん」でデビュー。映画化もされた『不思議のたたりちゃん』をはじめ、『かなえられた願い』『不気田くん』など、恐ろしくも可愛らしい独自の世界観を持つ作品を多数発表している。

「2017年 『犬木加奈子の大恐怖! 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

犬木加奈子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×