少女ファイト(3) (KCデラックス)

  • 講談社
4.02
  • (117)
  • (69)
  • (108)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 900
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063723519

作品紹介・あらすじ

大石練・15歳。バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍。小学校時代に全国大会で準優勝したほどの実力を隠しながら、練はずっと自分を抑え続けていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小田切育ったなぁ~

    隆子の存在が怖すぎる。わかっちゃいたけど平穏にバレーはやらせてもらえないのね。

  • 再読
    表紙はレフトの延友 厚子(のぶとも あつこ)

  • 面白いことは面白いんだけど、高校一年生の恋愛遍歴なんだよね。
    最近の小学生はスゲーって感想でいいのか?

  • 雨降って地固まり、悪魔が来りて笛を吹く。表紙の厚子とナオ。ミチルと隆子と学。ガラスの十代。マスク装備した魔女たちがカッコよすぎ。

  • 一気に読ませる勢いはある。賭けバレーとかはハチャメチャですけど。人間関係も交錯してきましたー

  • なんか違う方向に向かってないか?
    メイド風の方向と言うか。相変わらず、独特の絵が好き。

  • 曖昧なものを曖昧なものとして受け入れること
    正しい言葉で人を追いつめないこと
    こういうことが身にしみてわかってくるのは少し大人になってからだと思う。曖昧なものを受け入れるのはとても柔軟で強い心が求められるし、正しい言葉を使えないと何を信じればいいのかわからなくなることもある。

    いわゆる「スポ根」と呼ばれる物語はわりと練のような「正しさ」によってのみ支えられてきたのではないだろうか。隆子も「正しさ」によってできているような人として描かれているが、笛子の言うように「真」は一つでよいのかもしれない。そしてそんな強さを優しく受け入れられる学のような心のありかたが一緒に描かれることで、この物語はとても豊かなものになっていると思う。

    「少女ファイト」は演劇に似ているような気がする。
    読む人がそれぞれ、誰かになりきって演じてみると面白いのではないか。自分の好きな登場人物の好きなセリフを心の中で唱えてみるのもいいのではないか。

  • 再読ー。

  • いや~…賭博バレーとそこに至るまでのいきさつは
    面白かったけどさ。
    いろんな方々の新たな人間関係がいっぱい出てきて
    ついていけません。
    絵もお話ももうちょっとスッキリしてると
    有り難いんだけど。
    二度、三度と読んで登場キャラの理解を深めれば
    また違うんだろうけど、初見ではツラかったな~。

  • 3対3で行われた新入生の練習試合も終わり、黒曜谷バレー部は本格気的に動き始める…はずだった。
    そんな時に新入生の一人、ナオが突然練習に来なくなってしまう。心配する練たちの耳の入ったナオの消息は、悪い男に捕まって賭けバレーをやらされているとのこと。
    彼女を取り戻すため、変装して会場にもぐりこむ練たちだったが…。

    巻を増すごとに面白くなる!
    1巻より2巻、2巻より3巻ってな感じで、馴染みのメンバーのエピソードも少しずつ明らかになっていくのがまた素敵で。
    バレーボールのことだけでなく恋愛方面もがっつり攻めてくるのもまたたまらない。
    絵柄が青年向けとか侮ることなかれ。内容はとっても面白い少女漫画です。

    特に3巻は三國弟の登場と、ミチルと学の関係がぐっと深まったのがすごく良かった!
    もう王道だとかなんとか言われても構わない。シゲル×練、ミチル×学、三國弟×厚子はガチで!!

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年10月3日、香川県生まれ。1996年、『爆弾とワタシ』が第34回ちばてつや賞佳作を受賞。同年、『ノイズ・キャンセラー』でデビュー。単行本は『プラスチック解体高校』(全2巻)、『極東学園天国』(全4巻)、『日本橋ヲヨコ短編集 バシズム』(全1巻)、『G戦場ヘヴンズドア』(全3巻)がある。現在、「イブニング」にて『少女ファイト』を連載中。

「2014年 『新装版 プラスチック解体高校(2)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少女ファイト(3) (KCデラックス)のその他の作品

日本橋ヨヲコの作品

少女ファイト(3) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする