ピアノの森 11 (モーニングKC (1483))

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (81)
  • (52)
  • (130)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 707
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063724837

作品紹介・あらすじ

森に捨てられたピアノ……そのピアノをオモチャがわりにして育った少年・一ノ瀬海は、かつて天才の名をほしいままにしながら事故によってピアニスト生命を断たれ小学校の音楽教師になっていた阿字野壮介や、偉大な父を持ち自らもプロを目指す転校生・雨宮修平らとの出逢いから次第にピアノに魅かれていく……!!


ピアノコンクール地区予選以来、表舞台から姿を消していた一ノ瀬海。だがその時にその旋律を味わった者たちは、彼の消息をそれぞれ必死に探し回っていたが誰にもつかめなかった。ピアノはやめたのか……そんな諦めを打ち破るかのように、カイ出現。場所は、大分!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 九州のマイナーなコンテストに出場するカイ。そこに駆けつける誉子、再会!なんてドラマチックな展開でしょう。そして、カイの言葉が爽やかで優しくて、誉子の心に素直に届くんですね。これで誉子は立ち直れますね。

  • 海とたかこが再会し、海の久しぶりのコンクール出場とその才能がようやく目に見える形で評価されたのが良かった

  • 2019.6.1市立図書館(次女)
    ショパン国際ピアノコンクール推薦オーディションに挑む誉子は出色の才能を見せるも実は手の故障を抱えて苦しんでいた。6年前のコンクールでのたった一度の出会い以来ずっと一ノ瀬海を探し続ける誉子、司馬、佐賀の三人はついに海(と阿字野)が参加するコンクールを見つけかけつける。
    便所姫こと誉子ちゃん、ついに再会! めでたいね、ただし海には冴ちゃんもいるから複雑かなぁ…そして佐賀はまだ海=マリアに気づいていない、いつ気づく?

  • 誉子とカイの再会!いいねー。

  • 「一番“森っぽい所”にいると思うよ」――海(カイ)に逢うため必死でピアノを続けてきた誉子。悩みを抱える彼女をカイに逢わせるため奔走するピアノ教師・司馬(しば)は、ふとしたことから「一ノ瀬海」の名前を目にする。(Amazon紹介より)

  • 2015/2/22購入
    2015/3/8読了

  • ショパン国際ピアノコンクールの二次予選に出場する丸山誉子。
    コンクールの前に、佐賀は司馬に誉子が左手に腱鞘炎を抱えているから辞退させるように忠告する。
    司馬も誉子の演奏で左手の故障に気付き、辞退を勧めるが、誉子はそれを拒否する。
    せっかくここまで海に会うためにピアノを頑張ってきたのだ。もう少しで日本ショパン協会からの推薦を得られるというところまで来たのだから、最後までやりたいというのだが……。

  • 11巻は、「誉子篇」てな感じです。
    で、そのなかでも光っているのが、佐賀先生と司馬先生。

    うーん、司馬先生は、けっこうイメージ通りなんですが、特に佐賀先生、いいわ。
    始め出てきた時や、マリアにいかれている時は、ここまでいい人だとは思わなかったです。
    かっこいいわ。

    そして、この2人が阿字野に出会った時の顔が、またいいですねぇ。

    それから、それから、誉子とカイの再会。
    カイほどの才能を持っていても、コンクールで賞を取れないということは、コンプレックスになっているんだなぁ。コンクールで評価されるというのは、自信につながるんだなぁと思ったり。

    どんな演奏なんだろう?カイのピアノを聞いてみたいです。

  • 誉子さんの怪我もついに司馬先生にもばれてしまう。
    けど、カイに逢いたい気持ちが強すぎて、途中棄権はしない。と断言。
    誉子さんもそうだけど、そこまで一時逢えた人に心を寄せるのはすごいことですよね。気持ちはすごいわかるんだけど、時々すごく空しく、寂しく感じます。誉子はそんな空虚な気持ちにはずっとならずにただただ追い求めてきたのかな?
    そして、司馬先生の思惑でついにコンクールでカイのピアノを聴くことが出来た。
    ピアノ描写いいですよね、芸術って聞いたり見たりすると、その情景が想像できるといいますが、自分も本当に効いてみたくなります。
    そして、終了後、ついに二人は近くの森のような場所でであることができた。
    久々に会えた二人も、昔のように変わらない会話が出来ているようで安心ですね。結果も気になりますが、二人の関係も気になります。カイならなんだかんだで、あっさり冴ちゃんのこと言うんでしょうけど。

  • マンションで読む。再読です。漫画は終わり時が重要です。人気がある漫画は、なかなか辞めれません。この漫画は、続けるべき漫画ではありませんでした。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1984年、「ヤングマガジン」誌上にて『カオリ』でデビュー。1995年、『花田少年史』で第19回講談社漫画賞を受賞。2008年、『ピアノの森』で第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞。

「2017年 『ピアノの森(18)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一色まことの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ピアノの森 11 (モーニングKC (1483))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×