バガボンド(26)(モーニングKC)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (107)
  • (64)
  • (135)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 1167
感想 : 44
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726121

作品紹介・あらすじ

「強い」とはどういうことか……。
六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作!


感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • どの台詞なんだろう。

  • 武蔵は一乗寺下り松で、吉岡一門70人を相手にたった一人で戦います。

    斬っても斬っても次々に押し寄せる敵に、夜叉のごとく立ち向かっていく武蔵の姿が印象的です。

  • ★★★★★ この巻は読んでいてほんとに辛かった。一乗寺下り松での70対1。いろいろなやられ方にリアリティを感じる。そして一冊費やしてもまだ決着できないは!

  • 一乗寺下り松の決闘。
    原作では
    「我れ神仏を尊んで神仏を恃まず」
    と言う武蔵。本作では合掌してはいるものの、神ではなく人に手を合わせているところが
    人の中で人として泥臭く生きてきたバガボンドの武蔵の辿り着いた境地であると思わせます。

    本来は姉もおりお通に惚れられ助けられ、沢庵に世話を焼かれ
    城太郎がついて回る武蔵。
    それを父とうまく行かず、野生の獣のような孤独を抱いた男と設定付けられた本作の武蔵が、人に対してありがとうと口に出来るということが
    とても感慨深いものがあります。

    そのまま逃げても良かったものを、圧倒的不利な戦いに挑む武蔵。
    感謝を胸に逃げずに挑むことが、武蔵なりの礼の尽くし方であったのかもしれません。

    強豪であっても一瞬の隙を突かれれば呆気なく斬られる。
    1対1を70回と捉えたところで、そううまくはいきませんし
    体力にも限界があります。
    とは言え、数を頼んで吉岡側に油断があり、
    また技術や覚悟の差が激しいこともまた事実。
    吉川英治先生が描いた吉岡一門との死闘。
    死闘自体をなかったものとした司馬遼太郎先生。
    そんな巨匠たちの描いた武蔵に勝るとも劣らない
    井上先生版の吉岡一門との戦い。
    迫力と緊張感に満ち、読んでいるだけで泥や夜露、血や汗の匂いがしてきそうです。


    先生が仰っていた9年描いてやっと書けるたった一言とは、
    やはり有難うなのかなと邪推しました。

  • 2007年12月8日、25、26巻読了。

    吉岡伝七郎との闘い。

    そして京を追われる。
    70人対1人。現実にありえるのか、これって。


    どこにも心を留めない
    誰にも心を留めない
    流れのままに---


    これが全体のテーマという気がする。

  • 面白い!
    でも、ただ斬り合ってるだけっちゃ斬り合ってるだけにも見えなくもないし、絵が大人数になると白土三平みたいな絵になっちゃうのがちょっと残念ではある。

  • 「命は道を探す。命は道を見つける。生き延びる為の道を。」

  • 七十体一 本丸 肉を斬らせて骨を断つ 餅 覚悟 カラス

  • この巻は血生臭過ぎて流し読み(´Д` )

  • 背負わざるをえない吉岡一門70名との戦いが始まる。斬って・斬って・斬りまくる。そしてひとりひとりの人生が想いが、紡がれる。その中で平常心を目指す武蔵。これを描く井上さんの心持ちの難しさたるや…うぅーむ。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ、鹿児島県出身。北条司氏のアシスタントを経て、1988年『楓パープル』でデビュー。 90年から連載を開始した『SLAM DUNK』は累計1億部を超える大ヒットとなった。98年より「モーニング」にて宮本武蔵を描いた『バガボンド』を大人気連載中!! 車椅子バスケを描いた『リアル』は「ヤングジャンプ」にて不定期連載中。

「2014年 『バガボンド(37)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上雄彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×