聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.15
  • (3628)
  • (1865)
  • (2197)
  • (92)
  • (28)
本棚登録 : 16971
レビュー : 2101
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726626

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世紀末を乗り越えたイエスとブッタが、休暇を日本で過ごすというストーリー。
    母にこれを紹介したら、なんだその話って言われた。

  • イエスとブッダがバカンスに来ているという設定のギャグ漫画。この高尚なギャグが分からないのは「分かっていないな~」と思われそうですが…私はあまり…でした。設定は面白いです。成程と感心してしまいます。ギャグをよく研究されていると思います。でもはたしてコレ笑える漫画なのかな?読んでて疲れます。

  • 面白いけど五巻は読めないなぁ!?笑

  • 近くの市が舞台になってる漫画なので読んでみた。
    設定が面白い

  • キャラは好感持てるけど、ギャグ漫画的にはあまり笑えなかった

  • 設定はおもしろいのにギャグが笑えない…。

  • なんだか自分には合わないみたいだ。

  • 前知識がないと理解するのが難しいかも。ただ、イエスとブッダの掛け合いはすげー面白くてほのぼのする。

  • 面白いのは最初だけだとおもうぞ。目を覚ませ。テレビの見過ぎじゃないのか?

  • ・4巻くらいまで読みました

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

聖☆おにいさん(1) (モーニング KC)のその他の作品

中村光の作品

ツイートする