神の雫(15) (モーニング KC)

  • 講談社
3.51
  • (8)
  • (11)
  • (29)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 222
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726640

作品紹介・あらすじ

2004年11月の連載開始当初より、イメージを駆使した独特のワイン表現が人気を博し、ついに350万部突破。多彩な情報、そしてその正確さから、ワイン愛好家はもちろん、ワイン生産者などの業界関係者からも高い支持を得る。その人気は国境を越え、韓国では空前のワインブームの立役者に。2008年の4月には、ワインの本場・フランスでも出版が開始され、各巻1万部以上という異例のセールスを記録中。

『第四の使徒』をめぐる争いが幕を閉じた直後、軽井沢の神咲豊多香の別荘で盗難事件が発生。盗まれたのは総額約1000万の5本のワイン。二度と手に入らないお宝ワインを取り返すべく、初めて雫と一青がタッグを組み、事件の真相に挑む!「謎は全て解けた、犯人はあなただ!」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「第四の使徒」について、雫と一青がそれぞれの回答を示します。くだされた結論は、一青の勝利でした。

    その後、雫は藤枝さんがマスターを務めるワイン・バーの手伝いをすることになりますが、そこにやってきた一人の男性客とトラブルになってしまいます。彼は、出されたワインが劣化していると難癖をつけ、雫は反論を試みます。すんでのところで藤枝が店にもどってきて、そのことがきっかけとなって雫たちは客の男のかかえていた離婚問題の解決に協力することになります。

    つづいて、ロベール師匠に窃盗の疑いがかけられることになるという事件が起こります。神咲豊多香の軽井沢の別荘から、ワインが盗み出されたというのです。さっそく別荘に駆けつけた雫とみやびは、やはり事件を聞いてやってきた一青、ローランとともに、真犯人をさがすための作戦を計画します。

    思いもかけないかたちで雫と一青の協力関係が成立し、ともにワインを愛する者としてのきずなが生まれることになる展開は、期待していなかっただけにおもしろく感じられました。

  • 第四の使徒まで完結。
    ミステリー調の話が面白かったし、雫と一青が協力して挑むところが
    なんだかんだで仲が良さそうで良かった。
    ローランと雫も相性が良さそう。
    争うのではなく仲良く兄弟として過ごせる未来があれば良いのだが。

  • 第四の使徒完結。エピソードの割には決着は悪くなかったかな。夫婦なかのエピソードも想像はついたけどよかった。

  • 夫婦仲もワインで解決は、まあいつものこと。ミステリーの話は面白かった。ワインのタブーを書いているので興味深い。遠峰がノリノリなのはいいな。

  • TUTAYAレンタル

  • -

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

漫画原作者。「モーニング」誌上にて『サイコドクター』『サイコドクター・楷恭介』『神の雫』『怪盗ルヴァン』執筆後、2015年より『マリアージュ ~神の雫 最終章~』連載開始。
2008年、グルマン世界料理本大賞の最高位「Hall of Fame」を日本人として初めて受賞。2010年、フランス農事功労賞シュヴァリエ受勲。そのほか受賞多数。
2016年のG7伊勢志摩サミットでは各国首脳に提供されたワイン選定にも関わる。
2019年、『神の雫』の教養として、アートとしての価値が高く認められフランス芸術文化勲章受勲。

「2020年 『マリアージュ~神の雫 最終章~(26)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

亜樹直の作品

神の雫(15) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×