特上カバチ!!-カバチタレ!2-(14) (モーニング KC)

著者 : 東風孝広
制作 : 田島 隆 
  • 講談社 (2008年9月22日発売)
3.57
  • (3)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063727319

特上カバチ!!-カバチタレ!2-(14) (モーニング KC)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後悔が残ります...

  • 高齢者の後見制度の締めくくり。息子にも複雑な感情があったことを知り、また遺言による、親の思いに触れ、思わず落涙。

    学んだこと
    ・自己放任(セルフ・ネグレクト)による相続人廃除

  • せめて自分の心を閉ざして心の崩壊を避けるしかないんじゃろ。
    商売なんちゅうのは、店主の心意気を売るもんなんじゃけんのう。

  • 「ずっと自慢の息子でした。息子殿がこの世に生まれてからと言うもの、父は幸せでありました」

    酒屋の老人の任意後見人となり老人から生きがいの酒屋を続けさせまいとする息子たちとの争いになる。いくら後見人とはいえここまで肩入れするものかと思うが、最後老人に死ぬことで老人問題について考えてしまううまさがある。読み終えてふっと現実に帰る。はまって読んでたんだなぁと思う。このふっが
    読書の醍醐味ですね。
    上の言葉は老人の遺言状の一文。一時は別居という話にまでなっていた親子なのだが泣かせる。

  • 読了

全5件中 1 - 5件を表示

特上カバチ!!-カバチタレ!2-(14) (モーニング KC)のその他の作品

東風孝広の作品

特上カバチ!!-カバチタレ!2-(14) (モーニング KC)はこんなマンガです

ツイートする