宇宙兄弟(3) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社 (2008年9月22日発売)
4.35
  • (433)
  • (303)
  • (120)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 3192
感想 : 114
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063727326

作品紹介・あらすじ

2025年、NASAは日本人宇宙飛行士・南波ヒビトを含む、第1次月面長期滞在クルーのメンバーを発表。時を同じくして日本では、自動車の設計をしていた南波ムッタが会社をクビに。大きく異なった運命を歩んでいたふたりの兄弟。しかしそれぞれの未来が、幼少時代に交したある約束によって、動き出そうとしていた。

羨ましい。どこまでも羨ましい。弟が、弟だけが先に月へと行ってしまう。兄はいまだ宇宙飛行士選抜試験、第3次審査。完全閉鎖環境での2週間。宇宙への夢は諦めることができない。覚悟を決めた兄、ウジウジしながらも試験に挑む。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グループごとの人間模様がなんとも面白い。

  • 特に触れてないけど、B班が頭脳明晰で集めたのであればA斑はなんだろう?好感度が高かった人とか?5人とも魅力的なキャラクタで楽しそうだな。
    人によるかもしれないけど、こう言う人生かけたときだからこそ、罪悪感持ったまま過ごしたくはないよね。

  • いよいよ3次試験。
    試験の内容ってホントにこんなユニークなことをするんでしょうか。
    今回の内容では、せりかさんの名前の由来エピソードが気に入っています。

    • ウパシさん
      私も、せりかさんの名前のエピソードが気に入っています*^^*
      母から賛同得られなかったんですけど…^^;
      「せりかって呼びたくなった」が...
      私も、せりかさんの名前のエピソードが気に入っています*^^*
      母から賛同得られなかったんですけど…^^;
      「せりかって呼びたくなった」がとても好きで、堂々と「名前に意味はありません!」と言ったせりかさんも好きです。

      そう言えば、私の名前も特に”こう育って欲しい”な意味はないです。やたら縁起をかついだ名前だってのは聞いたんですけど(笑)
      2013/11/01
    • にゃんこさん
      コメントありがとうございます!
      「せりかって呼びたくなった」の一言に、お父さんの最大の愛情を感じますね(^^)
      コメントありがとうございます!
      「せりかって呼びたくなった」の一言に、お父さんの最大の愛情を感じますね(^^)
      2013/11/03
  • 悩むならなってから悩みなさい!いい言葉だ。一次元アリの話も良かった。

  • 密閉空間の中で繰り広げられるそれぞれの人間関係が面白い!
    グループごとにメンバーの個性があって、グループの雰囲気も様々なところが興味深い。

  • 2021/5/3 再読

  • 閉鎖空間で他人と過ごすテスト…
    キツイっす

  • 悩みなら_なってから悩みなさい 注意深く用心深く念には念を 名前に意味は_ありません! 2次元アリの世界にずっと止まっているこの人に 『宇宙においでよ』野口聡一 宇宙へ行くのは僕等が地球の遺伝子なら_突然変異が必要だからです 私の夢は年をとっていない 京都大学の霊長類研究所でチンパンジーの習性を研究してきたという

  • 莨夂、セ縺ョ莠コ縺九i蛟溘j縺セ縺励◆縲?AXA荳画ャ。驕ク閠??蟾サ縲?AXA縺ッ譛ャ蠖薙↓縺薙s縺ェ諢溘§縺ァ隧ヲ鬨薙r縺励※縺?k縺ョ縺九↑? 縺ィ諤昴≧繧医≧縺ェ繝ェ繧「繝ェ繝?ぅ縲

  • 南波六太はJAXAの二次審査をパスし、三次審査に臨む。二次審査をパスしたのは15人。予想以上に多い。真壁ケンジ、伊東せりかも通過した。三次審査は5人ずつのチームに分かれ2週間の閉鎖ボックス内の訓練に臨む。チームAの顔ぶれは以下のとおり。
    http://naokis.doorblog.jp/archives/uchukyodai_3.html【書評】『宇宙兄弟(3)』 : なおきのブログ

    目次
    #19 スタート
    #20 バスバス走る
    #21 最後の部屋
    #22 閉鎖ボックス
    #23 でっちあげタイム
    #24 私の名前は伊東せりかです。
    #25 黒いバンド
    #26 3次元アリ
    #27 福田の夢
    #28 やっさん

    2018.05.25 読了

全114件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年生まれ、京都出身。第14回MANGA OPENに持ち込んだ「じじじい」で、わたせせいぞう賞を受賞。続く第15回MANGA OPENでは「劇団JETS」で大賞を受賞した。モーニング2006年3・4合併号よりスキージャンプを描いた『ハルジャン』を集中連載し、単行本・全1巻が発売中。さらに、その後モーニングにて70歳の俊足泥棒が主人公の『ジジジイ』をシリーズ連載。現在単行本第1巻が絶賛発売中である。『宇宙兄弟』は、自身初の週刊連載となる。

「2019年 『宇宙兄弟(36)限定版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山宙哉の作品

ツイートする
×