きのう何食べた?(2) (モーニング KC)

  • 講談社
3.98
  • (485)
  • (552)
  • (475)
  • (15)
  • (6)
本棚登録 : 4646
レビュー : 282
  • Amazon.co.jp ・マンガ (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063727548

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好きなセリフや場面がガンガン出てくる巻だったなあ~。

    クリスマスディナーを食べながら、初めてシロさんが作ってくれたご飯の献立を思い出すケンジとか、
    ふにゃ~んとした顔をして美味しそうにご飯を食べるケンジを見ながら思うシロさんの言葉とか、
    お父さんの手術成功を祈るお母さんの言葉とか。

    「見れば見るほどオレの好みのタイプじゃないんだけどな… 40になる頃、こいつにあったのが良かったんだろうな」ていうのはなんかほんとそうそう、わかるわ~って感じ。
    同じ相手でも、付き合いだす年齢やタイミングによって、上手くいったりいかなかったりするだろうな、って思う。

    牛肉って私もほとんど使わないけどセロリと牛肉のオイスターソース炒めは美味しそうだな。

  • 相変わらずシロさんの料理の手際の良さと
    材料の使い回し使い切り術は神業♡
    丁寧に作るけど手早く品数も豊富で完璧!

    でも、セロリを使いきれなかったことで本気で落ち込むところが
    完璧主義でなんだかかわいい[*Ü*]

    2巻ではシロさんのあったかい部分やちょっと熱い部分も見れて
    ストーリーもとっても楽しかったです。
    志乃さんからのレシピ提案もあったり、人間関係もこれから
    繋がりが少しずつ深くなっていくのかなぁというところも楽しみです♡

  • 親が病気になる年代がくるの怖いなと思った。肉じゃがとけんちん汁食べたい。

  • 特売の商品買えた時や、冷蔵庫の中のものでうまくやりくりできたときの嬉しさってわかるッ!
     
    シロさんの副菜へのこだわりも好き。
     
    カレーうどんのあとの冷えたミルクかんてん(#14)!美味しそう!

  • 面白かった!

  • 地味な料理マンガ・・・のはずが、どうしてこんなに面白い(笑)。地道に生活するごく普通の中年ゲイ夫婦を愛情とユーモアたっぷりに描いて秀逸です。

  • 嬉しい気持ちになる。

  • はらへった

  • シロさんの作る旬を感じるご飯が美味しそうで美味しそうで・・・。
    簡単で美味しくて何度も何度も作りたくなる、作ってしまうレシピ本な漫画です。

    料理初心者よりも、料理に慣れた人におすすめです。

  • 定番のクリスマスメニュー登場とか
    志乃さんが意外と若かったこと発覚とか
    シロさん父の手術とか
    こんな早い段階だったんだーと再認識の1冊。

    茄子とピーマンの炒め物って1巻に出てきたのと若干被る???
    大根とホタテのサラダ、柚子胡椒を合わせるという発想が素敵。
    …大根とツナのサラダじゃ合わないかなぁ…

    手術が終わるのを待つシロさん母子の遣り取りがものすごくおもしろかった。

著者プロフィール

よしなが ふみ
東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒、同大学院法学研究科中退。代表作の『西洋骨董洋菓子店』は2001年にドラマ化されたうえ、翌年2002年第26回(平成14年度)講談社漫画賞少女部門受賞。白泉社「月刊メロディ」で『大奥』を連載しており、2006年第5回(2005年度)センス・オブ・ジェンダー賞特別賞、第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞、2010年に実写映画化されている。
ほかの作品に、『フラワー・オブ・ライフ』『愛がなくても喰ってゆけます』『愛すべき娘たち』『こどもの体温』『きのう何食べた?』などがある。

きのう何食べた?(2) (モーニング KC)のその他の作品

よしながふみの作品

ツイートする