聖☆おにいさん(3) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
4.13
  • (1234)
  • (839)
  • (777)
  • (31)
  • (3)
本棚登録 : 8466
レビュー : 464
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063727845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生のワサビをパリパリ食べて
    辛さで倒れる寸前に、茨の冠のヒモを引っ張り
    緊急事態を知らせるイエス。

    5秒で駆けつけ、ワサビ相手でも容赦なく
    永遠にワサビの木が実を結べぬよう
    呪いをかけるウリエル。
    イエスのセコム、半端なし!

  • 自分がイエス側かブッダ側か、考えてしまった。
    お客様、神様ですもんね、本当に良く考えられてるこの漫画!

  • テレビの旅行番組とか、もやサマとかで箱根見るとついブッダとイエスを探しちゃう(笑)

  • ウリエル呼びますよ!!

  • 一気読みするより毎日少しずつ読んでじっくり味わいたい漫画。

  • やっと読みました
    おもろすぎます。電車の中で読まれへん。
    ほんまにバイトするんかどうかが気になるところ

  • ひゃひゃひゃ!!

  • どの話も面白かったけれど、伊豆に旅行した話が特に面白かった!この漫画は電車の中など人前では読まないようにしている。なぜなら漫画を読みながらひとりで笑っている怪しい女になってしまうから(笑)

  • 脇役のウリエルがお気に入り。知識がなくて元ネタが分からなくても、読んでいて楽しめる。

  • ミカエルのテンションは
    決して上げすぎてはいけない。←

著者プロフィール

中村 光(なかむら ひかる)
1984年生まれ、静岡県出身の漫画家。2001年、16歳(高校1年生)の時に「海里の陶」が『月刊ガンガンWING』掲載され、デビュー。
2004年『ヤングガンガン』創刊号から『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始し、アニメ化、テレビドラマ化、映画化される大ヒット作となる。また、2006年『モーニング・ツー』にて『聖☆おにいさん』を連載開始。こちらもきわめて高い評価を受け、2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。劇場アニメが公開され、実写ドラマ化も予定されている。

聖☆おにいさん(3) (モーニング KC)のその他の作品

中村光の作品

ツイートする